エンジンがかからなくなった「マキタの4サイクルエンジン草刈り機」。キャブレターを分解、清掃。

広告



マキタ刈り払い機「MEM2651UHT」の修理。

スパークプラグは「新品に交換済み」。

created by Rinker
日本特殊陶業(NGK)
¥721 (2024/07/17 16:29:40時点 Amazon調べ-詳細)

ダイヤフラムの入手は「マキタの営業所」か「ホームセンター」でできます。

草刈り機のエンジンがかからなくなって。

一番最初にあやしい箇所のスパークプラグは。

今回は「不具合の原因ではなかった」。

そこで。

次は「キャブレター」。

YouTubeの動画をみて。

おそらくキャブレターのつまりを解消すれば。

草刈り機は正常に運転ができるはず。

交換する部品として。

メインは「ダイヤフラム」。

付随して「ガスケット」。

全部で「4点の部品交換」。

「マキタの営業所」で確認すると。

「ダイヤフラムとガスケット」は「定価で2,500円程度」。

「キャブレターごと交換すると6千円代」だそうです。

「ホームセンターのコメリ」で取り寄せてもらい。

数日で部品を入手。

「約2,000円」でした。

「コメリのお店の人」も「メーカーマキタの営業所」でも話をすると。

エンジン不調の原因は「ダイヤフラム」。

「キャブレターでしょう」とのことなので。

分解清掃、部品交換をすれば。

草刈り機は、ほぼこれで直るはず。

金属の部品をキャブクリーナーにつけおき。

分解をした草刈り機のキャブレター。

一番細かい部品。

「技術、調整が必要な部分」はそのまま触らず分解清掃。

「キャブクリーナーを吹き付けるだけ」よりも。

「金属の部分」は「キャブクリーナーにつけ置き」することで。

「よごれを落とす効果がアップする」ということ。

お店の人に勧められました。

分解、バラしたあとの組み付けがわからなくなっても。

「パーツリスト」があるので安心。

「WYLタイプのキャブレター」。

互換性がありそうです。

広告



記事がよかったら。SNSのアイコンをポチッとお願いします。