「イーロン・マスク 未来を創る男」。

広告



思い描く未来を実現させるために冷酷な人。

アメリカの社会。会社、経営者。

自分の構想に適した「人材を雇用」。

もしくは必要なくなれば「解雇」していく手法の経営者。

当時シリコンバレーの「ベンチャー」。

「日の目をみていない人」たちが。

「技術の実現」に向けて「研究や実験を重ねていた」ところに。

「イーロンマスク」が登場。

まず「ベンチャーが育つ社会環境」。

「会社の雇用体系」や「スケール」の違い。

「アップルのスティーブジョブズ」や。

「Amazonのジェフペゾス」との比較もされていて。

やはり共通点はアメリカの経営感覚。

日本では生まれない経営者。

「多読、読書」は「世界観を広げる」。

「イーロンマスク」は想像の通り。

もともと「頭がいい」。

「本をたくさん読む子供」。

そして自身の子供にも。

「ゲーム」をするより「本を読む」教育をしていたということ。

「幼少期」限らず「本を読むこと」。

「多読、読書」には「世界観を広げる」。

「実現するチャンスがある」。

created by Rinker
¥1,870 (2022/12/10 15:32:59時点 Amazon調べ-詳細)

広告



記事がよかったら。SNSのアイコンをポチッとお願いします。

ABOUTこの記事をかいた人

美味しい野菜や食べ物。 みんなで共有できたらいいな。 それで、固定種、無肥料の自然栽培やってます。 畑とAIをつなぐこともテーマ。 Python勉強中。