「イタリアン、ジェノベーゼバジル」。収穫を始めました。おそらく誰もやっていない「新しい栽培方法」。

広告



「ハーブ」といえば代表的な「バジリコ」。「イタリアンバジル」。

「いっせいに」ではなくて「随時収穫」する作物。

夏のハーブの代表といえば。

バジル、バジリコ。

このイタリア料理でお馴染みの「大好きなハーブ」。

バジルが「料理に入っている」「入っていない」のと。

「乾燥、ドライ」ではない「生、フレッシュ」。

「施設栽培と季節の露地栽培」の状態では。

格段に料理の完成度。

「香りや味」がまったく違う。

バジルは大きくなったところから収穫していきます。

「タネまきの方法」から「収穫の仕方」まで「新しい栽培方法」。

自分が「作物を栽培する方法」は。

「固定種の種」を使って「無肥料、自然栽培」。

これしかできない。

「資材は使うことにした」としても。

「肥料、堆肥、薬を使わない」。

タネを使った作物栽培。

今シーズンは。

「バジル」に限らず「種まきの方法」から「収穫まで」。

おそらく誰もやっていない「新しい栽培方法」を試して。

とりあえず「現段階の作物の状態」。

「生育の結果」をみると。

やはり「肥料や薬」を使わなくても。

「作物が普通に育つ」ことは「間違いない」。

決して「手を抜いている作物栽培」。

「放任栽培」ではなく。

できるだけ「手間」や「お金」や「資材」を使わずに。

「省力化、効率化」をしながら。

その「土地にあった作物」を無理なく育てて。

「高付加価値の商品」を作る「農業」。

「イメージ」に「栽培技術や経験」がかなり近づいてきた。

created by Rinker
¥1,683 (2022/08/09 09:55:23時点 Amazon調べ-詳細)

「市場のある海外に販売」も視野に入れている。

日本人はまだ気づいていない「オーガニックの市場」。

本物の食べ物。

でも、日本国内では「野菜の価値は低い」。

今は「円安」。

国内で売るよりも「市場のある海外に販売」。

「輸出」する方法。

「何か商品が作れないか?」考えている。

日本の「サツマイモ、スイートポテト」や「ゆず」は。

「ヨーロッパにはない作物」で「人気」らしい。

created by Rinker
¥2,200 (2022/08/09 06:18:06時点 Amazon調べ-詳細)

広告



記事がよかったら。SNSのアイコンをポチッとお願いします。