収穫した「ジャンボニンニク」を「製品」、「商品」にする作業。

広告



収穫した「ニンニク」。皮を剥いて干します。

収穫した半分くらいは「販売」。残りは次の「タネ」として保存予定。

掘って収穫をした「ジャンボニンニク」。

数日置いて付着している「土を乾かした」。

このままにしておくと「カビてしまう恐れ」もある。

次は、根っこを切って皮をむく作業。

このあと。

吊るして「干す」。

「商品」。

もしくはタネとして「保管」。

「保存用」の状態。

「野菜の残渣」は「同じ畑」へ戻す。

切った「根っこ」やむいた「皮」。

これらの残渣は「ゴミではなく貴重な資源」。

「育苗用の土」として使うため。

畑に積んでおいて「土」にする。

それも「同じ畑で循環させる」。

「有機的な作物栽培」だけど。

「肥料」どころか山の「落ち葉」も使わない。

そこにあるものだけ。

ピンポイントで「それぞれの畑にいる微生物」を「循環させる自然栽培」。

created by Rinker
¥1,980 (2024/05/22 10:06:54時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
¥2,200 (2024/05/21 13:38:49時点 Amazon調べ-詳細)

広告



記事がよかったら。SNSのアイコンをポチッとお願いします。