2022年「さつまいもの栽培」。「苗が入手」できました。

広告



「生産量が少ない」ということは「希少性」。「販売価格が上がる」。

2022年「さつまいもの栽培」ができることになりました。

例年ならば。

時期になれば店頭に並ぶはずの「さつまいもの苗」。

ウイルス「基腐病」。

拡散しないように。

苗の販売を抑えたのか?

だから、今シーズンは「苗を入手できなかった」ので。

「さつまいもの栽培」は諦めていました。

「栽培しない予定」でした。

「さつまいもの植え付け時期」としては「遅い」。

栽培する予定がなく。

まったく準備をしていなかったので。

急遽「植え付ける、栽培する段取り」。

作業を開始。

「作物栽培で難しい」のは。

「自分のタイミングで動けない」こと。

「さつまいもの植え付け時期」としては「遅い」けど。

隙間時間になんでもやればいい「単純作業」ではない。

「栽培、収穫の目的」のために「待つ時間も必要」。

まずは「植え付けまでの農作業」。

ギリギリのタイミングを狙う。

作業が間に合うか?

半分「手作業」の「ビニールマルチはり」。

「マルチを転がす道具」。

「マルチローラー」を使って「効率はいい」としても。

雨が続いて「土が重い」ので「作業効率は悪い」。

農作業は「場当たり的」ではなく「計画性」が必要。

「救荒作物」の「さつまいも」が「希少な食べ物」になる可能性。

2022年は「栽培、生産量が少ない」はず。

もともと「さつまいもは人気」があって「高単価な作物」。

とりあえず「苗が入手」できたのはよかった。

「救荒作物」の「さつまいも」が今後も。

「希少な食べ物」になる可能性。。

created by Rinker
シンセイ(Shinsei)
¥4,400 (2024/06/16 11:32:40時点 Amazon調べ-詳細)

広告



記事がよかったら。SNSのアイコンをポチッとお願いします。