「ライ麦」だけでなく「小麦」も「無肥料で育つ」。でも「広大な土地」で「大規模」に「大型機械で作る」のが「現代農業」。

広告



「ライ麦の無肥料栽培」は10年近い実績。

「小麦」の「自然栽培」もうまくいったようです。

播種機がうまく回転しなかった。

動かなかったのか。

「種まき」の作業は失敗。

「発芽の状態」がかなりよくなかった「小麦」。

でも「テスト栽培」としての「結果はいい」。

「収穫から販売」ができていない「ライ麦」。

無肥料の自然栽培の「ライ麦」。

「栽培」ができても。

「収穫から販売」ができていない「ライ麦」。

「刈りとる」ことはできても。

「脱穀」ができなかった。

フォークを使って数本はできても。

仕事としては。

手作業では無理な作業。

でも「2022年シーズン」は。

すでに「ホクエツの足踏み脱穀機 FT-371」を準備、入手済みです。

「初使用」。

「活躍する時期」が近づいてきました。

「小麦」が先に収穫時期をむかえる。

同じ麦でも「小麦」が先。

「ライ麦」よりも「小麦」のほうが収穫時期が早い。

そして「ライ麦は硬い」。

「小麦」のほうが「脱穀しやすい」はずなので。

「足踏み脱穀機 FT-371」を使った「脱穀作業」。

初使用、脱穀をテストする作物としては「小麦」がちょうどいい。

「白いビール」は「小麦が原料」。

なお数年前に「大麦」。

「いわゆるビール麦」。

「大麦の栽培」はうまくいかなかった。

そして時期になると芽を出す「ホップ」。

数メートル伸びるとしても「毬花」は確認できていない。

でもまだ「ビールを作る作戦」は継続している。

「白いビール」は「小麦が原料」。

ただ「ムギ」や「お米」のような「穀物」は「効率化」。

「広大な土地」で「大規模」に「大型機械で作る」のが「現代農業」。

created by Rinker
¥1,321 (2024/05/22 12:01:24時点 Amazon調べ-詳細)

広告



記事がよかったら。SNSのアイコンをポチッとお願いします。