「道法スタイル 野菜の垂直仕立て栽培」。

広告



「果樹と野菜」の「複合農業」。

created by Rinker
¥1,683 (2024/02/22 12:02:21時点 Amazon調べ-詳細)

模索中の「自然栽培農業の経営」。

農業としての損益分岐点。

いまだに「経営の計画」に関しては模索状態。

「無肥料の自然栽培」だからといっても。

ビジネスが成り立つように。

「儲けること」も考えることが必要。

農作業は「手間もお金もかかる」上に。

不確定要素。

「天候などのリスク」。

「大失敗を繰り返している」のも事実。

2022年の梅の大不作。

原因は「気候」ではなくて。

何か次のシーズンに向けてできることがないか?

「ブドウの短梢栽培」。ブドウの樹にとっては「よくない」らしい。

数年前に「畑に植えたブドウの苗木が全滅」。

うまくいかなかった理由はおそらく。

当時「1ヶ月続いた長雨」と。

「適切な栽培管理」ができなかったから。

幸いなことに別の場所。

キャンプ場の斜面に植えてある樹は。

減ったとしても「数本活きている」のを確認している。

ワイン醸造用のブドウ栽培。

仕立て方は「栽培管理のしやすい短梢栽培」が主になってきている。

「見た目もいい」ので「短梢栽培」をやる予定だった。

でも「道法さん」が提唱、実践する「道法スタイル」。

「野菜、果樹」などの作物。

植物の自体のホルモンを活かした。

「活性化させる栽培方法」。

「果樹栽培のアップグレード: コストゼロ!果樹栽培の概念を覆す極上フルーツの作り方」。

この本を読むと。

「人間の栽培管理はラク」だけど。

「短梢栽培」は「ブドウの木にとってよくない」という。

同じように、確か水戸市でやっているという話。

「栽培の管理が低減」できて「面白そう」だった「梅のジョイント栽培」。

「隣の木と主幹を接続する栽培」。

「生育初期での生育、収穫」にはいいけど。

長期的には「樹のホルモンバランスを崩す」。

ダメだということ。

数年間「セオリーの通り」にやったのだけど。

結果的に。

「なんだかおかしい」と感じていたところ出会った「道法スタイル」。

「樹木の栽培」では。

必ず「切らなければいけない」とされる「徒長枝や内向枝」。

「切るどころか残す」。

「古い枝」は「強い新しい立ち枝」に切り替える。

「更新する」のがいいようです。

created by Rinker
¥1,683 (2024/02/22 12:02:21時点 Amazon調べ-詳細)

広告



記事がよかったら。SNSのアイコンをポチッとお願いします。