「畑に植えられる状態の苗」ができました。

広告



「育苗していた苗」。根っこが育ってきたので「畑に苗を植える定植作業」。

畑に「黒いビニールマルチ」。「シンセイ」の「マルチローラー」を使って張りました。

「トラクター」で「一度耕起」したあとに。

ビニールマルチの「黒マルチ」を「シンセイのマルチローラー」を使って張りました。

「完全な人力作業」でしたが「マルチローラーの使い勝手」は予想以上。

一人で手動のマルチ張り。

「ビニールマルチをセット」して。

「マルチローラー」を立って引っ張っていけばマルチが転がる。

そのあと「足でマルチを踏んで」。

「クワ」などを使って「土をマルチに乗せる作業」。

土で「マルチを抑えていく作業」は。

「完全な人力作業」でしたが。

「マルチローラーの使い勝手」は予想以上。

楽に張れました。

欲張って「長距離」進んでから。

土を上げようとすると「作業効率」がよくない。

どうしても「曲がる」ので「修正」が必要になるし。

「微風」でも「風が邪魔をする」。

「マルチが煽られる」ので。

一人作業なら「少しずつ進んでの作業」がおすすめ。

「ビニールマルチ張り」の作業は「下手ながらも上出来」です。

言い訳としては。

もともと「土のでこぼこ」がある。

地面に「ピタッと」。

「まっすぐ張る」のは難しい。

せっかく破けないように丁寧に扱ったのに。

翌日の状況。

すでに数カ所。

「ビニールが破れている」。

原因は「動物が歩いた」から。

「猫」か「タヌキ」の「右足」だと思う。

「育苗していた苗」が「ポット」から「外に行きたがっている」。

「黒マルチ」を畑に張ってから「経過したのは数日」。

だとしても「地温」。

「土の温度」は上がっている。

「雷雨の翌日」の「晴れ間」の「気象条件」と。

「ポット」から「外に行きたがっている苗」がある。

これは「畑に苗を定植するタイミング」。

「夏野菜の栽培」としては「作物の定植作業」。

常識的には「1ヶ月遅い」。

「作業の改善の余地」があるけど。

「早く植えればいい」というわけでもなく。

「弊害もある」のも事実。

とりあえず「一人で農業」。

「ビニールマルチを張る作業」をするなら。

シンプルだけど「便利な道具」。

道具を使ったほうが確実に「作業効率がアップ」。

「無駄な疲労、時間を削減」できます。

created by Rinker
シンセイ(Shinsei)
¥4,400 (2024/02/23 01:39:59時点 Amazon調べ-詳細)

広告



記事がよかったら。SNSのアイコンをポチッとお願いします。