草刈り作業に「スパイダーモア」が大活躍。

広告



「むき出しのケーブル」が障害物に引っかかるのが難点。

草刈り作業に大活躍の「スパイダーモア」。

草刈りシーズンに向けて「マキタの刈り払い機」。

テスト予定、準備していた「オレゴンのナイロンコードカッター」。

created by Rinker
オレゴン(Oregon)
¥2,878 (2022/05/26 02:07:50時点 Amazon調べ-詳細)

でも、「オーレックのスパイダーモア」が活躍中なので。

まだ「マキタの刈り払い機」の出番はない。

「草刈り作業用の機械」としては。

メインが「スパイダーモア」。

サブで「刈り払い機」という位置付け。

障害物がある場所の作業は「カメモード」。

「獣害の侵入防止、抑止」のための「ワイヤーメッシュの防護柵」。

「オーレックのスパイダーモア」で。

だいぶ「キワまでせめた草刈りができる」ことがわかった。

障害物がある場合は「カメマーク」。

ゆっくりの速度で作業をするとしても。

ミス、油断をしてしまう。

今まで何度も「スパイダーモアのむき出しのワイヤー」が。

障害物に引っかかった。

「アクセルを離せば止まる」とは限らず。

「暴走する場合」は「アクセルのワイヤー」が「カバーの側」が外れている。

「スイッチオフ」にして機械を止めることも数回。

今回は「アクセルを離せば全後進は止まる」けど。

「スイッチをオフ」にしても「エンジンがかかった状態」。

「電源が効かない」。

スイッチから出ている「白いコード」が抜けていた。

コードが切れていなかったので。

ソケットを差し込んで「エンジンは停止」。

「機械は正常に動く」。

簡単に復活できるのだけど。

「コードが切れた場合」のことを考えると。

「緊急停止の方法」と。

何か「対策」をしておく。

「弱そうなワイヤー」の部品を持っておくのも考えているけど。

「オーレック」は「気軽に部品が売っていない」上に。

「高額」かもしれないのが怖い。

広告



記事がよかったら。SNSのアイコンをポチッとお願いします。