「酸性に近い」と予想していた川の水。「アースチェック液」で測定。

広告



住友化学園芸の「酸度測定、アースチェック液」使ってみました。

created by Rinker
住友化学園芸
¥627 (2024/05/22 03:59:04時点 Amazon調べ-詳細)

「川の水」。「2カ所を測定」すると「アルカリよりの中性」でした。

畑の土。

「土壌の酸度、phを測定」。

調べてみるのに使う道具は。

「住友化学園芸の酸度測定、アースチェック液」。

「土1」に対して「水道水2」の割合で「測定用の液」を作る。

まずは「基本の水道水」。

およそ「7」なので「中性」。

違う山からくる「川の水」。

2カ所から採取。

初めて使ったので水の量」が「1ml」少なかった。

本来は「3ml」必要。

山水、用水路の川の水は。

「7から7.5」。

「酸性に近い」のかと予想していたら。

「アルカリよりの中性」。

「サンプル土の採取」には「ワンカップの空き瓶」が使いやすい。

サンプルを取る、作るための「入れ物」。

「土と水の比率」が測りやすい「容器」を探したところ「最適な物を発見」。

「上から下まで同じ形状」で「透明」なガラスなので。

「目視で分量の計測」ができる。

「口が広い」ので掴んだ「土が入れやすい」。

「フタがある」ので運搬、移動しても「土がこぼれにくい」。

「ビンを揺すってかき混ぜる」ことができる。

「分量」もちょうどいい。

発見した容器。

土の採取に「最適なビン」は。

お酒の「ワンカップ」。

「何かに使えるのでは?」。

「あとで何かに使うから」と「とっておいた物」の「90%以上」は使わない。

「不要、ゴミになる」中で。

「保存しておいた物」が「初めて役に立った」場面。

これ以上の「採取容器」ないのでは?

なお、これは「ルッコラ」。

この「畑の土を採取」。

土壌の「酸度、ph」はどの数値を示すのか?

そして、隣には「ホウレンソウ」が発芽しています。

created by Rinker
住友化学園芸
¥627 (2024/05/22 03:59:04時点 Amazon調べ-詳細)

広告



記事がよかったら。SNSのアイコンをポチッとお願いします。