「肥料や農薬」ではない「植物活力素」。「メネデール」を使ってみます。

広告



「挿し木と水耕栽培」に使う予定。

「100倍希釈」が基本の使い方。

メネデール。

「2リットル入り」の製品を買いました。

created by Rinker
メネデール
¥3,407 (2024/02/23 03:09:57時点 Amazon調べ-詳細)

製品の裏側。

「使いかたの説明」によると。

基本的には「100倍希釈」。

そして、製造から「5年以内に使い切る」のが目安。

「2リットル」入りだから。

薄めて「200リットル」。

「週に一度に5リットル」程度使うと仮定して「40回分」。

少量よりも容量が多いほど「値段的にはお得」になる。

「テスト」として使う。

様子を見るためにも。

ウチで使うには。

とりあえず2リットル程度の量は必要。

「薄めて作った液体」は「保存ができない」。

「希釈して保存をすることができない」ということなので。

「都度作ることになる」。

そして「作った液体を散布する」ので。

「ジョーロ」を使うことになる。

「ホースでの水やり」ができないこと。

「作業としての手間がかかる」のはネック。

「メネデール」で「挿し木の発根率が上がる」ことを期待。

「挿し木」で「苗を作る」ことができる。

「パテントなし」の品種。

「ブルーベリー」の剪定枝。

過去数年、数回。

「挿し木」で増やすテストをしたところ「発根」。

「難易度が高い植物」。

「肥料や農薬」ではない「植物活力素」。

「メネデール」が。

実際に「どのような効果をもたらすのか?」。

食用植物、樹木に限らず。

観葉の植木も。

「メネデールの効果」で発根率が上がって。

「安定的に増やすこと」ができれば。

商売としての幅が広がる。

created by Rinker
メネデール
¥3,407 (2024/02/23 03:09:57時点 Amazon調べ-詳細)

ただ、こういう商品。

「肥料や農薬」ではない「植物活力素」だとしても。

「継続的に使う」にあたっては。

「効果を科学的」に。

「特に判断する必要」がある。

created by Rinker
AQUAPONICS (アクアポニックス)
¥9,100 (2024/02/23 03:09:58時点 Amazon調べ-詳細)

広告



記事がよかったら。SNSのアイコンをポチッとお願いします。