「ロックウール」を使って育苗。「種まきの培地」にする。

広告



「天候に左右されにくい作物栽培」のテスト。

「大和プラスチック ロックウール栽培マット (トレー付) 84P」を購入。

created by Rinker
大和プラスチック
¥589 (2024/06/20 16:01:30時点 Amazon調べ-詳細)

「ロックウール」は「手軽で安全、軽量」な素材。

主に「建築資材」。

「防音、吸音材」として使われる「ロックウール」ですが。

「農業用の資材」としても。

「種まき」や「挿し木」の「培地」としても商品化。

販売がされています。

鉱物を高温で溶かして繊維状。

成形した「手軽で安全、軽量な素材」。

「無菌」で、「土のような使い道」。

「費用、お金をかけての作物栽培」。「仕事の定量化、安定化」も考える。

タネをまくための「培地が安定」していれば。

「発芽が揃う」。

そして、発芽させた後の作業。

ポットに移す「鉢上げ」。

「作業の手間」も低減できる。

ロックウールは、「環境負荷はない」ので。

「そのまま土に植え付けてもいい」らしい。

うまくいけば「仕事がラクになる」上に。

「苗を作る数」。

「できる数量」の換算。

予測率が高くなる。

「材料、資材として費用」はかかるけど。

「作業時間が低減」。

「発芽の安定化」ができれば。

「仕事量の確保、定量化」。

「自分以外の人」に「種まき作業」を頼むことや。

「施設、水耕栽培」。

「天候に左右されにくい農業」のテストにもつながる。

「ジャガイモの植え付け」をする予定だった。

昨日までは、雨の予報ではなく。

本当は、今日「ジャガイモの定植作業」をするつもりだった。

微妙な天気。

「1時間後に雨が降る」という「直前の予報」とも反して。

結局「日中は雨が降らず」。

「天気予報があてにならない」とすると。

「露地栽培」は「相手まかせ」の要素が大きい。

農作業ができる「限られた時間」。

自分が予定していた「タイミング」では。

「作業ができない可能性」も大きい。

盲目的にならず。

いろいろな方向から。

「無肥料」の「自然栽培」を進めていきます。

created by Rinker
大和プラスチック
¥589 (2024/06/20 16:01:30時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
¥2,200 (2024/06/20 09:58:12時点 Amazon調べ-詳細)

広告



記事がよかったら。SNSのアイコンをポチッとお願いします。