「草木染め」の参考の本。「草木染め大全 染料植物から染色技法まですべてがわかる」。

広告



「約3,500種類の草木」での「染色見本写真」付きです。

剪定した樹木の枝。「有効活用」ができないか?

不要になる「樹木の剪定枝」。

有効活用の方法を探るため。

草木染め大全―染料植物から染色技法まですべてがわかる」を一読しました。

created by Rinker
¥3,080 (2022/05/25 13:06:40時点 Amazon調べ-詳細)

「原料」「材料」と「染める物」の組み合わせ。

「草木染め」は「やったこともない」。

知識も「まったくない初心者」ですが。

草木染め大全―染料植物から染色技法まですべてがわかる」。

この本を一通り読んで。

ウチにある入手できる「染色する原料」は。

「樹木の剪定枝」だけでなく「ハーブ類」「野草」。

何を使っても「なんでもできそう」です。

「目的の色を出す」。

「対象のもの」を染めるためには。

「使う原料の時期」や「色を固定する媒染の材料」。

「絹、綿、麻」など染めるものの組み合わせによっても。

色の変化がある上に。

草木から抽出する「液体のph」の違いにも影響を受ける。

とりあえず「多少の知識」を得ました。

一番のお気に入りは「柿渋染め」。「熟す前の柿」が「売れる」可能性。

「草木染め大全―染料植物から染色技法まですべてがわかる」。

この本のサンプル写真の中で「一番好きな色」。

そして、同時に入手が可能な「青い柿の実」が「染料、原料」。

一般的な「草木を煮出した液」で染色するのではない「特殊な染色の方法」。

火を使わない「柿渋染め」。

うまく染まれば。

「柿」だけど「グリーン」。

かなり「渋い色」で「カッコいい」はず。

そして「火を使わない」ので「作業の手間」としても「軽減」。

「草木染めビギナー」として。

まずは「柿渋染め」で。

「巾着のような小物」を染めてみたい。

「染めた小物」が。

商品としての「需要があるか?」は調査中。

まだわからない。

でも「熟す前の柿」。

「渋い青柿」が「染色の原料」として「売れる可能性」。

created by Rinker
¥3,080 (2022/05/25 13:06:40時点 Amazon調べ-詳細)

広告



記事がよかったら。SNSのアイコンをポチッとお願いします。