茨城県の魚といえば「メヒカリ」。小さいのに「高価」「高級魚」です。

広告



「メヒカリ」は、深海魚。

スーパーで「メヒカリの丸干し」を買いました。

茨城県内。

家庭で一般的に食べられているかどうか?は、わからないけど。

「他県」に比べると。

スーパーでも売られていて。

見かけることができる「メヒカリ」。

「ししゃも」より少し小さいサイズの魚。

「身は、白身」で「頭も骨」も柔らかい。

口にあたらないので。

魚全部を、食べることができる。

深海魚。

目が光っているので「目光」。

「メヒカリ」という名前らしいです。

数十年前に茨城県内で食べておいしかったので。印象に残っていた食材。

サラリーマン時代に。

茨城県への出張で「水戸から旧友部地区」。

確か「お寿司やさん」で。

揚げた「メヒカリ」をご馳走になって。

美味しくて、かなり印象に残っていた魚。

茨城県の旧友部市は、現在の笠間市。

まさかその「となりの市町村」。

「城里町」に住むことになるとは。

その当時は、予想もしていませんでした。

そして、スーパーなどで目にしても。

食べたくても。

「高級すぎて手が出せなかった」。

丸干しされたメヒカリ。

「1匹で100円に近い値段」なのですが。

今日行ったスーパーでは、カワイイ値段。

「プチ贅沢」をして買いました。

「焼いても」「唐揚げ」でも。「天ぷら」でも美味しい「目光」。

「お酒にも合う」し。

「おかず」としても「オススメ食材」。

「茨城県の魚」といえば。

普通の人は、「大洗のアンコウ」ですが。

個人的には「メヒカリ」。

イチオシ。

「埼玉県の実家」。

「親にお土産」として。

試しに食べてもらったら。

「食べやすくて美味しい」といわれた。

見た目は、「小さくて地味」。

「目が大きい」ので。

そのままだと嫌う人もいるかもしれない。

でも、この食材「メヒカリ」。

値段があえば「絶対に使いたい食材」。

構想中のお店の「メニューに入れたい」。

「丸のまま」。

「形をキープ」して「フライにする」。

今回購入したスーパーで常時。

この「メヒカリの丸干し」が入手できるか?はわからない。

あまり認知されていない「メヒカリ」は。

「一般、万人受けはしない」ので。

「時期的な商品」。

そして「マニア向け」でいい。

とりあえず味見。

お酒のお供。

「焼き魚」として。

「東芝のオーブン、石窯ドーム」は「予熱中」。

created by Rinker
TOSHIBA(東芝)
¥29,800 (2024/07/17 07:40:11時点 Amazon調べ-詳細)

広告



記事がよかったら。SNSのアイコンをポチッとお願いします。