加熱調理が必要な食品。安全な中心温度加熱「75℃で1分以上」と同等の加熱時間。「Python」で算出する。

広告



低温調理器を使った料理。「加熱不足」が問題になっている。

あるサイトの「計算式」を「Python」に置き換えました。

設定温度(t)の温度。

変数を置き換えれば。

何分加熱をすれば「食品衛生上」。

「安全な加熱温度」なのかを。

算出してくれる計算式、プログラム。

「低温調理器を使った料理」は「火が通っているか?の判断」が難しい。

低温調理器。

ウチで使っているのは「アノーバナノ」。

この低温調理器。

「低温調理での料理」が「難しいところ」は。

「加熱が必要な食品」が「中心部」まで「完全に火が通っている」のか?

「安全に食べられる状態」なのか?

「見た目では判断ができない」ところ。

加熱をしすぎたら、低温調理をする意味がない。

食品衛生のガイドライン。

食材の「中心温度」。

「75℃で1分以上」。

「63℃で30分以上」の加熱が必要。

加熱が不足なら、安全に食べられない。

逆に、加熱をしすぎたら、低温調理の意味がない。

「75℃と63℃」は。

それぞれ「1分以上、30分」。

でも「中間温度」や。

「75℃以上と63℃以下」を外れた「温度を設定」した場合。

どのくらいの時間をかけて加熱をしたらいいのか?

こちらのサイトを参考に、「計算式をPython」に置き換えました。

「食材を加熱する理由」は、「滅菌」。

この「サイト」を参考にさせてもらいました。

https://foods-plus.jp/sanitation/z6330/

「エクセルで計算した」という表。

参考にさせてもらったサイトの「内容を読んでも」。

これを算出するにあたっての「計算式」。

「式を見ても」。

自分には、「難しくて理解ができません」。

でも、「公式」をプログラミング。

「Pythonの演算式」に置き換えることはできる。

置き換えた演算式。

答えは間違えない。

「74℃の加熱」と設定した場合。

出た「答え」。

計算結果は「1.265….」。

「数字」を見て。

まだ「不十分な点」。

答えの「1.265….」。

「60」で「かけ算」すると「75.9」。

出た数字から「60」で「引き算」。

すると、わかりやすい数字。

「1分16秒」。

「74℃で食材を加熱する」と仮定すると。

「食の安全を考慮」するには。

中心温度は「1分16秒以上の加熱」が必要です。

「美味しさとプログラム」。改良、改善が必要。

美味しさに直結するとは限らない。

事象を数字、計算式に置き換える「プログラミング」。

たとえ「低温調理の計算式」を「Pythonの演算に置き換えられた」。

「成功した」としても。

「数学を学んでいなかった」。

「理論的な学問の数字」が苦手なので。

「計算されて出た数字」が何なのか?

瞬間的、感覚的に「わからない」。

咀嚼して「理解をする」までに「時間がかかる」。

「理解」ができないと、「プログラムが書けない」。

そして現実の感覚。

加熱した食材を「触った、刺した」感じで。

「完全に火が通っている」としても。

「食感や、香ばしさ、歯応え」に不満。

「プラスの調理」が必要。

でも、「加熱の終わった食材」なら。

表面を強く加熱する。

「バーナーで炙る」とか。

「フライパンで焼き目」をつければ。

「食感、味の物足りなさ」は補える。

ホーム » アノーバナノで低温調理。 » 加熱調理が必要な食品。安全な中心温度加熱「75℃で1分以上」と同等の加熱時間。「Python」で算出する。
a

広告



記事がよかったら。SNSのアイコンをポチッとお願いします。