「改訂版 金持ち父さん貧乏父さん アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学」。

広告



「経済的自由を得る」ために「お金を稼ぐ」。

「ファイナンシャルインテリジェンス」を身につけよう。

「ロングセラー、ベストセラー」の「名著」です。

改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)」。

もともと「サラリーマン」という働き方、生活。

「ラットレース」に疑問。

そこから抜け出したい。

「サラリーマンから個人事業主」になって。

約10年が経過。

書店でよく見かけた。

この「改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)」。

なんとなく知っていたけど。

「自己投資」や「お金儲け」のような。

こういった類の本は。

「読まず嫌い」でした。

「今の状況、タイミング」で読んだから、激しく「同意」。

理解ができる。

「普通の人=貧乏父さん」の。

「いい大学」を出て。

「大きな会社」に入って「定年まで勤めあげる」。

安定した生きかた。

「将来設計」、「固定概念」に「凝り固まった考え」の人からは。

それとは違う考え「金持ち父さん」の教えは。

確実に反感を買う。

改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)」。

2013年に「初版」が発行」されてから。

「ロングセラー、ベストセラー」の「名著」です。

「あくせく働くことは美徳」だけど「貧乏」。

「学校教育」では「教えてくれない」。

「普通の大人」は「勉強もしていない」し。

さらに「行動、理解をできる人」は「ひと握り」。

「あくせく働くことは大切」なことだけど。

それは「お金の不安から抜け出す」。

「お金儲けとは逆」。

本の巻末に書いてあるように。

次の世代。

若いうちに。

「ファイナンシャルインテリジェンス」の知識を与える。

その知識が、将来「経済的自由を得る」。

「経済的自由を得る」ために「お金を稼ぐ」。

結果「本当に自分がやりたいことができる」ということを。

伝えておきたい。

ホーム » 本のレビュー。 » おすすめの本 » 「改訂版 金持ち父さん貧乏父さん アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学」。
a

広告



記事がよかったら。SNSのアイコンをポチッとお願いします。