市販の「冷凍ピザ生地」と「ヴィーガンパスタソース」。「ヴィーガンチーズ」で「ピザ」を焼いてみました。

広告



「市販の材料」に「ウチの野菜」をトッピング。

250℃に予熱したオーブン。「東芝の石窯ドーム」で「ヴィーガン対応」の「ピザ」を焼きました。

created by Rinker
TOSHIBA(東芝)
¥36,500 (2024/06/16 12:08:33時点 Amazon調べ-詳細)

使う「ピザ生地」は「市販の冷凍食品」。

「食べたいとき」に「冷凍庫」から出せば。

すぐに使えるので、便利な商品。

「クリスピー」と「耳がある厚め」のタイプ。

東芝の石窯ドーム。

高温の予熱「250℃設定」だと。

オーブンが連続して「高温の温度をキープできない」ので。

本当は、「一枚ずつ焼きたて」を食べたいのだけど「2種類」。

「2枚を同時」に焼きました。

味のベースには「市販のソース」。「トップバリュー」の「大豆からつくったボロネーゼ」。

「トップバリュー」の「大豆からつくったボロネーゼ」。

いわれなければ「普通のミートソース」。

「代替肉」の「大豆」だとは気がつかない「食感や、味」。

ほんの少し「トップバリューのヴィーガンチーズ」。

かなりお気に入り。

「豆乳とココナッツオイルからつくったまろやかシュレッド」。

「ウチの野菜を売る」ことがメイン。

「ウチの商品、野菜など」を「売るための作戦」。

「野菜単体で売らないこと」。

作る手間を省く。

すぐに食べられる「調理済みの状態」。

そのために、「副材料として市販の商品」も使う。

「商品作りのテスト」。

雑にトッピングしても「ウチの野菜」は「主張する」。

今回テストで使った「市販のパスタソース」は。

「ヴィーガン向けのメニューのひとつ」としては、いいけど。

味が濃い、強すぎる。

ウチの「野菜との相性は難しい」感じがする。

ちなみに冷凍ピザの生地は「食感と香ばしさ」で「クリスピー推し」。

採用します。

今回使った「商品を比較」すると。

「厚めの生地」は「美味しく焼く技術」。

扱う「難易度が高い」。

広告



記事がよかったら。SNSのアイコンをポチッとお願いします。