「身体の変化」を「実感、体感」しています。「リライブシャツ」を着てみました。

広告



身体が動くと、気持ちが軽い。気力が充実します。

まさに「リライブ」。

「身体」の変化、改善だけではなく。

「気力」がアップする!

「身体のバランス」が整えられている感覚。

届いた「リライブシャツ」。

さっそく着てみると。

シャツを着た直後。

「腰に身体が乗っている」ような。

いつもとは違った身体の軸。

立った感覚が変わる。

とりあえず、「説明書の効果テスト」。

「柔軟性は確認、実感」できました。

効果を「体感」。「確認」をしているところです。

昨日の日中から「丸一日」着て。

昼間は外の仕事。

作業中は、「リライブシャツ」を脱いで。

再び夜になって、家の中で着ている状態の使用レビュー。

とりあえず感じていることを羅列します。

「リライブシャツ」を着た直後。身体の「感覚の変化」。

ひとりなので。

「マニュアルの効果確認」の項目については。

自分ひとりでできる「柔軟性」。

「前屈」をやってみたところ。

すぐに「変化を実感」ができました。

あまり「褒めたことを書く」と「あやしい感じ」がするけど。

柔軟性以外に「個人的に感じた変化」。

「第一印象」を書きます。

「身体の軸」が変わる。

「上半身のダメージ」と「張っていた足全体の後ろ側」が柔らぐ。

「血液が流れる」感覚。

いつもより身体が「暖かい」。

「呼吸」が楽。

「寝起き」がいい。

「ポキポキ」なる。

「行動力」がアップ。

「精神的」ではなく、「身体で感じた感覚」をまとめると。

「上半身の全体」が、いい具合に「弛緩」されているイメージ。

「無駄な身体の緊張」がほどけて。

「体軸が復活」する感覚。

「仕事着」ではなく「家の中で過ごす時間」をメインで使うことにします。

数時間、長時間着て「着ている効果を感じない」のは「身体が正常」になったから。

おそらく「着慣れる」と感じる効果が薄い。

そして、「もみ返し」のような。

いつもとは違う部分が疲れる。

なお、失敗した点は「素材、商品の選定」。

「チクチク」するのは「ポリエステル」だから?。

普段着るなら、自分の肌には「綿」のほうが合う。

本当は「リライブシャツ」を「農作業」などの「仕事中」。

「作業中」に着ようと思って。

乾きやすい「ポリエステル製」を買ったけど。

「コンプレッションの服」の上に着ると「効果が出にくい」とのことだし。

「仕事着として着る」、「作業着として使う」には高価なのでもったいない。

だから「リライブシャツ」を着るのは。

基本的に「家の中で過ごしている時間」。

もし「屋外で着る」なら「軽い作業」のときに。

「着るパワースーツ」としてではなく。

身体のバランスを「修正」してもらうために使うことにします。

事前情報は知らせずに両親でテスト。着てもらう。

頭に入れた「情報」や「難しいこと」を意識しなくても。

「身体が楽」になれば。

「気持ちが軽く」なって「健康」でいられる。

「プラスのスパイラル」が生まれるはずです。

高齢者に限らず、フットワークが軽くなる。

事実、自分の「気力がアップ」しました。

まさに「リライブ」な感覚。

次は自身の「身体のダメージ」を抜く「更なる効果」を期待して。

「下着」の購入、使用と。

「事前情報」は知らせずに。

両親用に「綿のリライブシャツ」を買って「ブラインドのテスト」。

着てもらうことにします。

ホーム » 製品レビュー » キッチン用品 雑貨 » 「身体の変化」を「実感、体感」しています。「リライブシャツ」を着てみました。
a

広告



記事がよかったら。SNSのアイコンをポチッとお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。