「自然栽培の農家」が「JA、農協」とどういう付き合いができるのか?

広告



地域の「農協、JA」に話を聞きに行ってきました。

「リライブシャツ」を着たら。

「身体のダメージが消える」感覚があって。

「前向きになる気持ち」が数倍にもなる。

そこで「抱えていたテーマ」のひとつ。

「JA、農協」さんに行ってみた。

農業といえば、「農協、JA」。

実は、もともとサラリーマン時代の「数十年前」には。

「商売敵」だった「JA」。

そして「JA」に対する「世間の評判」。

特に「オーガニックとJA」は「相反している」ような構図。

漠然と想像していた組織「JA」は。

「実態を知らない」ので。

「よくないイメージが先行」していたし。

うちは「自然栽培の作物」。

「肥料」や「薬」は買う必要はない。

「資材」はホームセンター。

機械も「ネット」で買える。

「オーガニック栽培の農業」と「JA」は交わることがないと思っていた。

狭い田舎では「JAで働いている人」とも「知り合う機会」がある。

個人レベルでは、もちろん。

特殊なわけではなく「普通の人たち」。

時代の流れも加味しながら。市場がどう評価をしてくれるか?

「一時期」に「大量」に収穫できる作物。

「収穫」してから保存期間がなく。

「すぐに売り切らなければいけない作物」は。

ネットでの「直販プラットフォーム」があるにせよ。

さすがに一人の「個人で直販」は「無理」。

捌ききれない。

現段階。

作業量と販売ルート開拓。

「収穫作業」、「保管スペース」、「販路」。

解決しなければいけない問題が山積。

やはり「農業といえば、JA」。

農業の「ノウハウ」があるはず。

そもそも「農協」って何?

「農協出荷とは」?。

実情。

話を聞きに「勉強」「確認」をしに行きたかった。

「訪問する機会」がちょうどできたので。

話を聞きにいくと「印象は悪くない」。

全く「毛嫌いする必要はない」し。

「お互いにメリット」があれば。

「協業」というか。

「仕事の関係」なので「メリットデメリット」があるのは当然。

そして想像以上に「自由度も利く」ということ。

農協でよく聞く「部会」のこと。

「個販」という仕組み。

そして「市場が評価」してくれれば

「自分の名前、ブランド」を出した商品。

もし、うちの作物を「市場が評価」してくれれば。

「農協」を通しての「個人ブランドの商品を出荷」。

可能性があることも知りました。

勉強になりました。

そして、「身体のダメージ」。

「体力が回復」すると。

「気力が復活」。

「リライブシャツ」の凄さ!

ホーム » 地域情報 » お店情報 » 「自然栽培の農家」が「JA、農協」とどういう付き合いができるのか?
a

広告



記事がよかったら。SNSのアイコンをポチッとお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。