「サツマイモ」を「蜜芋にする方法」をテスト、模索中。でも、そこまで甘くなくても、しなくても。十分美味しい。

広告



「焼き芋を作る」なら。オーブンの「焼き芋モード」。標準設定でいいのでは?

「サツマイモ」を「蜜芋」にする調理方法を模索。オーブンでテスト中。

サツマイモの「デンプン質」が、「糖に変わる」温度帯は決まっている。

その「温度帯」を狙って。

できるだけじっくり中心部に熱が加わるように。

オーブンの温度を一番低く「100℃」に設定。

「サツマイモの品種」として「紅あずま」が。

「蜜芋」の調理に向いているのか?は不勉強。

だけど、ウチの「紅あずま」。

加熱したあと、寝かせると。

中心部は「ホクホク」というよりは。

「しっとり」している。

焼く前に「塩水」につけたり。

オーブンの「温度設定」や「加熱時間」を変えてみたり。

中心の温度を計測しながら。

「芯温」を測ってのテスト。

数回、「サツマイモの調理」を試したのだけど。

東芝。メーカーが開発した「焼き芋のモード」を使って調理をするのがいいのかもしれない。

「オーブンのデフォルト」の「焼き芋モード」。

下手に「温度や時間」を設定を変えて操作するよりも「大手機械メーカーの知恵」。

「機械のメーカーが開発したモード」を使うほうが。

実は、調理としては正解な気がしている。

「農作物の生産者」が。

個人が、「ゼロから料理」。

「調理方法の開発」をすること。

できるかもしれないけど「時間の無駄」。

「調理器具、機械」を作っている「大手のメーカー」なら。

個人がテストするのとは桁が違う。

「相当量のテスト、研究」を行なっているはず。

「デフォルトのモード」。

誰でも、およそ同じように「素材を生かす調理」。

「オーブンのデフォルト設定」を使って。

「調理技術や調味料」も必要がなく「美味しくなる」ことを考えれば。

「サツマイモの加熱調理」に関しては「機械任せ」がいいのかな?

created by Rinker
TOSHIBA(東芝)
¥36,280 (2024/02/22 06:16:30時点 Amazon調べ-詳細)

「蜜芋作り」のテストをしているのは。

個人的に「味の追求」というよりも。

世の中の「需要、流行り」に合わせて。

そして、単純に「作れなくて、できなくて悔しい」からです。

広告



記事がよかったら。SNSのアイコンをポチッとお願いします。