相模屋のビーガンチーズ。「BEYOND TOFU」のシュレッドを買ってみました。

広告



フェイク食材。動物性の材料、乳製品を使っていない植物性100%のチーズ。

スーパーマーケット「イオン」で買いました。

先日、食べてみた「トップバリューのビーガンチーズ」。

「豆乳とココナッツオイルからつくったまろやかシュレッド」。

材料に、「ココナッツオイルや、ヒヨコ豆の粉」が入っているというこの商品。

「動物性の材料は、使っていないチーズ」。

これが、「予想以上に美味しくて」。

「植物性のチーズ」を「新しい食材」として使ってみたい。

ヴィーガン向けの植物性のチーズ。

フェイク食材というか。

動物性のチーズの代替品。

「思想上」なのか、「身体が受け付けないのか」。

「食べない、食べられない理由」は、人それぞれ。

いろいろな理由が、あるのだろうけど。

自分としては。

「食の多様性」として取り入れたいと思っている「ヴィーガン対応の食材」。

「本物のチーズとは違う」けど。

想像以上に「味がいい」。

「かなり美味しかった」ので。

新しい食材として使ってみたいのが、植物性の「ヴィーガンチーズ」。

そこで、期待を込めて。

今度は、相模屋の「BEYOND TOFUのシュレッド」を買ってみました。

相模屋のビーガンチーズ。「BEYOND TOFUのシュレッド」。

「相模屋さん」は、お豆腐屋さん。

https://sagamiya-kk.co.jp

だからなのか?

スーパーマーケットでは。

「乳製品のチーズ」としてではなく。

「豆腐売り場」に陳列されています。

原材料も、豆腐関連の「豆乳」がメインのようです。

加熱せずに「そのまま食べる」と「食感が残って」。

温めると「トロ〜りと、トロける」らしい。

「本物のチーズより安く」て。

普通の「とろけるチーズと、それほど変わらない価格」なので。

使い勝手は、良さそうですね。

「実食」はこれから。

「豆腐好き」な自分にとって楽しみな商品です。

広告



記事がよかったら。SNSのアイコンをポチッとお願いします。