「Pythonではじめる数理最適化:ケーススタディでモデリングのスキルを身につけよう」。本を買いました。

広告



プログラミング「Pythonに関する本」が多く出版されてはじめている実感。

「学習中のPython」。実務的な活用の一つとして「数理最適化」に興味。

何もわからないまま始めたプログラミングの勉強。

学習を進めているうちに、なんとなくの使い道。

活用の方法として。

せっかくだから、「農業の効率化、省力化」に。

学習中の「プログラミングPython」が活用できないか?

そして、ある程度、「Pythonの基礎」は、一巡。

ひと通り学んだ。

最近。

「データサイエンス編の講座」を2巡目。

もう一度勉強をはじめているところです。

https://www.udemy.com/share/103qti3@_1SSUeq6YPpLJKCHxc-wvXzP5SBnTF-aYhs9nacFk60W0iMgWF8zS6VGN6zFJFWpNw==/

農業の効率化に「線形計画法」。これをPythonで実務レベルにする。

農業経営の効率化に。

「線形計画法」という「数学の知識」が活用できることを。

この本、「農業の経営と生活 (農学基礎セミナー)」から学び。

created by Rinker
¥1,870 (2022/01/16 12:35:34時点 Amazon調べ-詳細)

「Pythonを使った線形計画法の概要」をYouTubeで理解。

そして、入手した数学の本「線形計画法の基礎と応用」からは。

「高校の数学を学んでいない」自分には。

「専門的すぎて読みきれない」段階です。

「Pythonではじめる数理最適化:ケーススタディでモデリングのスキルを身につけよう」。

「Pythonを活用した数理最適化」に関する書籍。

「断片的に書いてある本」はあったけど。

今までここまで「Pythonと数理最適化」に特化した本は、出版されていなかった。

でもプログラミング言語の中でも。

注目されている、近年人気のPython。

「Pythonに関する本」が多く出版されてはじめている実感。

そこで「Pythonではじめる数理最適化:ケーススタディでモデリングのスキルを身につけよう」。

本を見つけて。

見かけて「即購入」。

必要な本。

本に書かれた「コード」を見ても。

「全くわからないレベルではない」けど。

サラッと出てきた「内包表記」。

おそらくコードは、効率化された「高度なレベル」なのだろう。

いずれにしても「農業の効率化」に向けては。

コードの書き方よりも。

「実際の作業データを蓄積すること」。

「変数の定義」がまずは、必要。

プログラミングも農業の仕事。

いい本みつけました!

ホーム » 本のレビュー。 » おすすめの本 » 「Pythonではじめる数理最適化:ケーススタディでモデリングのスキルを身につけよう」。本を買いました。
a

広告



記事がよかったら。SNSのアイコンをポチッとお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。