「こんがり焼ける」というより、「焦げる」感じですね。「イワタニのクッキングトーチバーナー、CB-TC-CKGR」を使ってみました。

広告



「苦味」も一つの調味料。「イワタニのクッキングトーチバーナー、CB-TC-CKGR」で炙りの調理。

オーブンで火を通した鳥のムネ肉。

皮目を。

「イワタニのクッキングトーチバーナー、CB-TC-CKGR」で炙ってみました。

かなり締まる。

レバーを握るだけで「点火、消火」するので、使いやすいです。

created by Rinker
Iwatani
¥2,900 (2021/10/18 23:09:20時点 Amazon調べ-詳細)

ワンアクション。

レバーをカチッと「握るだけで点火」。

「離せば消火」。

料理用のバーナー、使い勝手としては。

ストレスなく使える。

料理好きで。

ひと手間加えたい。

忙しい人、現代人向けのアイテム。

created by Rinker
Iwatani
¥2,900 (2021/10/18 23:09:20時点 Amazon調べ-詳細)

こんがり「きつね色に焼ける」というよりも「黒くなる」。

今回、食材を炙ったのは、2回目。

1度目は。

自作の「タルト生地にビーガンチーズ」をのせたもの。

チーズをトロッとさせようと。

炙ってみると。

焼き色というよりも焦げ目。

こんがり「きつね色に焼ける」というよりも「黒くなる」。

炭化する。

火加減の調整が必要なのかと思って。

2回目のテストは、「鳥のムネ肉、皮目」を炙る。

予熱したオーブン。「180℃で14分の加熱」。その後「オーブン内の予熱」で火を入れる。

オーブンの使い方の練習。

最初は適当に「多めの時間で加熱」していたのだけど。

少しずつ、「加熱時間を短縮」。

「最適な加熱時間」を探している。

現時点では。

予熱したオーブン180℃で14分の「加熱」。

そのあと、「加熱を終えたオーブン内にいれたまま」にして。

オーブン内の「予熱」でしっかり火を通す。

塩と黒、白胡椒、オリーブオイルで下味、下処理して。

調理後のオーブンから出した状態。

加熱が難しく、「パサついてしまう鳥のムネ肉料理」。

オーブン調理では、「しっとり、柔らかく仕上がる」けど。

味にパンチがない。

そこで、試してみたかったのが「クッキングトーチでの調理」。

「調味」ではなくて「調理」。

調味料、味を加えずに。

とり肉を「炙る」ことで、「味をプラス」する。

やはり、「炙ったとり肉」は。

食感、味とともにメリハリが効いている。

とはいえ「焦げすぎは、よくない」。

焦げは、「苦さが増すだけ」ので、「炙る感覚」。

「炙り料理の練習、テスト」は今後も続けていく。

調味料を使わないシンプル調理。

料理好きには、もちろん。

オーガニック、シンプル調理向けだけではなく。

忙しい人や。

普通の家庭にあっても、損はしない。

一家に一個の調理器具、アイテム。

おすすめのクッキングトーチ。

created by Rinker
Iwatani
¥2,900 (2021/10/18 23:09:20時点 Amazon調べ-詳細)

広告