ドイツのワインを初めて飲みました。やはり甘いですが。「みんなが好きそうな味」です。

広告



「ドイツのワインは甘口」という印象。

スーパーで売っていた箱ワイン。

ドイツの白。

3リットル入り。

かなり「お得な値段」だったので。

買ってみました。

甘いお酒は、避けていた。

お酒に限らず。

甘いものは。

ほとんど口にしない。

「疲れた時は、甘いもの」もない。

だから、ワインは、好きでも。

甘いという印象があって。

ドイツのワインは、

今まで飲んだことがなかった。

箱のワイン。

それも安売りだったから。

かなり期待はしていなかった。

失敗したら料理に使おうかと思っていた。

予想、想像以上に飲みやすくて。身体に優しい感覚。

「くどい甘さ」だと想像でしたが。

口にすると。

花の香りと、蜜の味。

好みだと思っている「度数の感じる、アルコール感が強いお酒」とは反して。

抵抗感がなく身体に入っていく。

優しい味。

そして、ハーブっぽさもあって。

リキュール感覚。

医学的というか。

ドイツな感じ。

お酒が苦手な人も楽しめる白ワイン。

この暑さの中でも、常温で美味しいし。

冬にのんだら、身体が暖まりそう。

難しい「ワインの温度管理」や「季節」も関係なく。

そして、お酒が苦手な人でも飲みやすいはず。

たくさんの人が楽しめるお酒。

今まで敬遠していたドイツのワインでしたが。

なんだか興味が湧いてきた。

広告