「ウド」も「イノシシ」にやられます。至近距離で藪が「ガサガサ」イノシシと遭遇。かなり「怖い」です。

広告



「ウド」はイノシシの被害、「獣害にはあわない」と言われたはずが。

畑が、今まで見た中で「一番ひどい状態」になってます。

ここまで畑を「ボコボコ」にされたのは初めて。

数カ所を掘られるのは普通だけど。

連続でかなりの距離。

穴を掘られた。

おそらくやったのは、数日前。

この畑は、獣害対策。

ワイヤーメッシュでの「防護柵」の対応はしていないので。

イノシシに「荒らされない作物」を植えて。

増やしていく予定でした。

その作物の一つが「ウド」。

「ウド」は「イノシシに荒らされない」と聞いていたのですが。

聞き間違い、勘違いかな?

「ウド」は「イノシシに荒らされない」と聞いたはずですが。

結果的には、「ウド」も「イノシシに荒らされる」ことがわかりました。

この畑の状態を。

元通りの平らにする、直すのは「耕運機」では無理。

写真ではよくわからないけど。

現地の凹凸は、かなりひどい。

トラクターがないので。

オフシーズン、冬になったら「手作業」で直すしかないかな。

でも、これを何回もやられていると。

「耕作を放棄する気持ち」はわかる。

かなりへこむ。

とりあえず、獣害の対策をしていない土地に。

一回掘られたら、荒らされたら終わるような作物。

「苗」を植えなくてよかった。

守り「獣害の対策」をしていない畑だから「仕方がない」と思いながら。

綺麗なトンボがいるので。

写真を撮ろうとそっと忍び寄ると。

目の前の藪が「ガサガサ」。

「見えないイノシシ」が、すぐ近くを走っている「怖さ」。

藪が「ガサガサ」だけなら。

キジなど、鳥でもよくあること。

それでも、かなりの「羽音」で驚く。

「ガサガサ」からの「バシャバシャ」。

一瞬、変な鳴き声。

川の、水の上を走っている音。

丈の高い草があるので、その本体は見えない。

でも、確実に移動、走っているのは「イノシシ」。

軽トラックまでは、距離があって。

手にはiPhone。

何も持っていない状態。

もし、こっちに突進、走ってきたとしたら。

ちょうど「写真モード」。

「iPhoneで撮影」くらいしかできない。

とりあえず、身の危険。

そっと走って、車まで逃げる。

近くにいながら「におい」も「気配」も感じなかった。

軽トラの荷台に乗って、様子を見ていたけど。

幸いコチラには向かってこなかった。

その後は、イノシシも山へ移動。

お互いビビった?らしいけど。

姿が見えない。

どこから出てくるかわからない。

重量のある。

それも動きの早い動物。

近くにいながら「におい」も感じなかった。

かなり怖いです。

獣害は、ある意味「仕組み」が引き起こす「人災」なのかもしれない。

今後、「その仕組みの被害」にあうかも。

広告