「分子調理の日本食」。本を購入しました。家庭ではできない料理の本。

広告



実験的な料理。新しい形の「作物、野菜の加工品」ができないか?。

ウチの野菜も、分子調理で加工したい。

科学的な料理は。

スペインの「エルブリ」からの流れ。

Amazon primeで観られる、オススメの動画。

この時代からは。

だいぶ実用性、汎用性のある機器が販売され始めているし。

料理としては広まりつつある。

とはいっても、まだ家庭でできる料理ではない。

「エルブリ」の動画や、実験的な料理に興味があって。

料理本のこんな表紙をみたら。

買わずにはいられない。

created by Rinker
¥2,640 (2022/12/10 02:08:38時点 Amazon調べ-詳細)

作物の形を変えて再構築。

ウチの栽培作物のひとつ「柿」を使って。

「柿」の形を変えて再構築。

テストしたのがこれ。

「エルブリの動画」に影響をうけて思いついた。

この「柿」を使ったテストは。

結果的にはうまくいかなかったのだけど。

今度は、この本「分子調理の日本食」を参考に。

どこにでもある「加工品」ではない。

新しい形の「野菜の加工品」ができないか?

パラパラとみると、かなり科学的で内容が濃い。

何かしらヒントがある気がする。

たとえ、それがなくても。

料理好きには期待値の高い。

単純に「読むのが楽しみ」な本。

created by Rinker
¥2,640 (2022/12/10 02:08:38時点 Amazon調べ-詳細)

広告



記事がよかったら。SNSのアイコンをポチッとお願いします。

ABOUTこの記事をかいた人

美味しい野菜や食べ物。 みんなで共有できたらいいな。 それで、固定種、無肥料の自然栽培やってます。 畑とAIをつなぐこともテーマ。 Python勉強中。