手押し手動式中耕除草機の「たがやすパワー」で除草作業。手間、労力がかなり軽減できます!

広告



向井工業の中耕除草機「たがやすパワー」。

created by Rinker
向井工業
¥22,000 (2021/06/14 09:16:25時点 Amazon調べ-詳細)

説明書は読みましょう。ネジでバーを固定しないと、使えません。

届いた中耕除草機「たがやすパワー」。

箱を開けると。

中身はシンプル。

ハンドル部分と本体、そして培土のアタッチメント。

取扱説明書。

取扱説明書には。

なんとなく目を通しただけで。

「たがやすパワー」を数回。

使ってみたところ。

使いづらくて、どうもおかしい。

説明書を読むと、この部分を三角に。

強度を与える。

「ネジで締めて固定する」。

逆側がナットの「ネジを止めて使う」のが正解。

でも、締めすぎると。

ロータリーの部分が固定されてしまう。

回転しなくなる。

それぞれのネジ類。

ハンドルの角度や回転部分。

自分で使いやすいように、力がかかりやすいように。

使いながら調整する必要がある。

(これは、個人の意見です)。

「たがやすパワー」は、播種機の「こんべえ」とセットで使うと効率がいい。

畑にタネを直まきには。

これも、手押しの種まき器「ごんべえ」が便利。

created by Rinker
農業屋
¥48,400 (2021/06/14 07:03:26時点 Amazon調べ-詳細)

播種器で種まき作業をすれば。

ある程度、等間隔でタネをまくことができる。

等間隔であれば、その後に必要な除草作業。

「ごんべえ」と同じメーカー向井工業さんの「たがやすパワー」の出番。

押して引いて転がすだけ。草が生える前の「中耕作業」に使う道具。

草をとる、除草というよりも。

草が生える前の、もしくは発芽したての除草目的。

「中耕作業」に向く道具。

乾燥していて、土がむき出し状態の畑では、作業の効率がいいようです。

だから、「長くのびた草や枯れた草や、石など」の「障害物がある場所」には適していない。

そして、残念ながら「スギナの除草はできません」でしたが。

「ニンニクの葉っぱ」は。

回転した刃に当たると、ちぎれました。

発芽したての「ニンジンの中耕除草」にも効果がありそうだけど。

「にんじんの芽」がかなり細かいので。

自分が作業「にんじんを栽培」するのは。

この細かいニンジンの除草作業は、老眼には無理な気がしている。

とはいっても。

人力、手押し式のアナログな「コロコロ押して引いて使う道具」。

除草作業には「たがやすパワー」が。

今まで使った道具の中でピカイチ。

とくに、狭い箇所の中耕除草の作業に効果的、効率的。

作業効率が上がる道具であることは間違いない。

created by Rinker
向井工業
¥22,000 (2021/06/14 09:16:25時点 Amazon調べ-詳細)

広告