「東芝の過熱水蒸気オーブン ER-SD3000-W」でピザを焼くテスト。今までうまく焼けなかったのは、「設定の温度が低すぎたから」でした。

広告



「東芝の過熱水蒸気オーブン ER-SD3000-W」でピザを焼くテスト。

 

250℃と300℃で、自作生地のピザを焼いてみました。

 

トマトソースとアンチョビ、チーズとケッパーのピザ。

 

 

250℃、10分程度で焼き上がり。

 

 

明太マヨネーズとチーズ、ソーセージのピザ。

 

 

300℃の温度設定。

数分で、焼き上がり。

 

 

オーブンでピザを焼くのは、高温。250℃以上の設定。

 

今までオーブンでピザがうまく焼けなかったのは。

180℃とか200℃で焼いていた。

設定の温度が低すぎたから。

 

だから、このオーブンの使い方は間違い。

ピザを試作中。期待していたオーブンは、思っていたより火が入らない。鉄のフライパンで焼くのが正解っぽい。

 

ピザを焼くのは、高温。

250℃以上の設定。

それ以上なら焼けることがわかりました。

 

でも、フライパンで焼かないとつかない「香ばしさ、焼き色」があるので。

次は、最初に生地の底を鉄のフライパンで焼いてからオーブンに入れる。

合わせ技を試してみることにします。

 

 

IH対応の鉄のフライパンを買いました。「パール金属 鉄フライパン 24cm IH対応 鉄職人 日本製 HB-1520」。

 

created by Rinker
パール金属(PEARL METAL)
¥1,656 (2021/04/15 05:54:36時点 Amazon調べ-詳細)

 

ピザ生地の材料。粉の配分も変えてます。

 

なお。

イタリアでは強力粉、小麦粉。

日本とは違い「グルテンの量」によって、種類がわかれているわけではなく。

ひかれた麦の粉。

粉の「粒子の大きさで種類が区別されている」ということらしい。

そしてグルテンの感じは、日本のだいだい中力粉。

 

そういうことで、自作のピザ生地。

 

今までは、「強力粉」がメインだったのだけど。

なんだか出来上がりのイメージが違うし。

「どの粉でもピザは作れる」ということなので。

 

「強力粉と小麦粉をブレンド」したり。

「小麦粉だけ」にしたりのテストも始めました。

 

 

created by Rinker
TOSHIBA(東芝)
¥48,053 (2021/04/15 00:02:03時点 Amazon調べ-詳細)

広告