ワードプレスにログインできなくなった問題の対処。「File Zilla」でサーバーのディレクトリーを操作。解決しました。

広告



Warning:Cannot modify header information-header already sent byのエラー。

 

ワードプレスの投稿画面にログインできなくなった問題の対処法。

 

ワードプレスのブログ。

 

投稿画面で。

「使っていないプラグインは削除した方がいい」とのメッセージが出たので。

整理をしようと、「プラグインを削除」したところ。

ズラーっとエラーメッセージ。

 

何かよくわからないので。

強制的にブラウザーのサファリを終了させて。

 

再度ログインして、「ブログを書こう」と思ったところ。

出た「エラー」がこちら。

 

 

Warning:Cannot modify header information-header already sent by・・・・。

なんだこれ。

 

ワードプレスで、トラブルが発生した場合は、自分で解決しなくてはいけない。

 

ワードプレスは、自分の所有の家、と例えられる。

他のブログサービスは、間借り、賃貸。

 

ワードプレスで、トラブルが発生。

何か起こった場合は、自分で解決しなくてはいけないのが。

初心者向きではないサービスではある。

 

聞いても、身近でわかる人はいないので、ググる。

自分で調べるしかない。

 

「プラグインを操作したことが原因」なので、それが問題なのだろう。

Warning:Cannot modify header information-header already sent by・・・・。

このエラーメッセージ先にはプラグインがなんとかという文字。

 

「File Zilla」を使ってリモートでサーバー。ディレクトリーを操作した結果、解決しました。

 

プラグインを操作したことが原因のエラー。

調べてみると。

なんとなく今回の解決方法は。

自分の借りているサーバーにある。

問題のありそうな「ディレクトリの名前を一時的に変える」。

 

 

これで「投稿画面にログイン」できるかもしれない。

 

無料のFTPソフト「File Zilla」。

File Zillaを使えば、サーバーのファイルにアクセスできる。

 

filezillaのダウンロード

 

この無料ソフトを使って。

自分のサーバーをリモートで操作。

 

 

とりあえず、問題のありそうなディレクトリ。

名前を変えて。

 

ブログにログインしてみると。

投稿画面に入れた!

 

ある一つのプラグインが、悪さをしている可能性。

 

ブログが復帰。

プラグインの設定で全て無効化されているので。

一斉に有効化したところ。

 

また「同じエラー」が発生。

Warning:Cannot modify header information-header already sent by・・・・。

 

もう一度、サーバーのディレクトリ。

名前を変えて。

ブログにログインしてみると。

投稿画面に入れる。

 

どれかのプラグインが悪さをしている可能性。

 

一つずつ有効化をしたところ。

あるプラグインが。

「有効化も削除もアップデート」もできない。

 

このプラグインを触らなければ。

放っておけば、普通にブログが使える。

 

根本的な原因は。悪さをしているプラグインが、ディレクトリの中にないから。

 

これをみると。

 

 

ワードプレスでインストールしたプラグインは。

有効化、無効化は関係なく。

決まったディレクトリ内に入っている。

 

でも、今回悪さをしているプラグイン自体が。

この中にない。

「あるべきはずの場所に、いない」のが。

今回のトラブル、根本的な原因だと思う。

 

根本的なエラーの原因は、解決していないけど。

ブログ投稿画面にログイン。

普通に動いているので、これでオッケー。

無事に解決。

 

思っていたよりも時間もかからず。

簡単に復帰できました。

よかった。

広告