「車輪の再発明」。きゅうりの保存食、漬物作りのテスト。この本「だれでも起業できる 農産加工実践ガイド」を読んで原因がわかりました。

広告



きゅうりの漬物作りは、「素材に対して30%の塩」。

 

「だれでも起業できる 農産加工実践ガイド」を読んで、「今まで失敗していた原因」がわかりました。

 

created by Rinker
農山漁村文化協会
¥2,200 (2021/06/12 20:03:43時点 Amazon調べ-詳細)

 

農産物の加工を考えている、実践しているなら必読の本。「 だれでも起業できる 農産加工実践ガイド」

 

無駄な時間を費やして「車輪の再発明」をしていたのが。

失敗の原因でした。

 

栽培した作物を無駄にしたくないので加工テスト。

 

夏野菜のキュウリなど。

採れる時期には、一気に増える。

 

 

急に採れる量が増える作物、夏野菜。

これらを鮮度を保った状態で。

売り切れる販売チャネル、販売網はまだない。

 

そこで、保存食として加工。

売れなくても。

捨てるよりも自家消費用としてでも、一次加工をしておきたい。

 

この保存、加工のテストを数年やっていたのですが。

基本を守っても、保存食加工テスト。

継続的に失敗を繰り返していた。

 

きゅうりの漬物作りは、「素材に対して30%の塩」といわれている。

 

昨年の夏の失敗は。

「素材に対して30%の塩」といわれている。

きゅうりの塩漬け。

 

単純に食品用ビニール袋に入れて。

キュウリに対して30%の塩を加え。

夏の暑い時期に、日陰で常温保存。

 

完全に、自分の知識、技術不足が原因での失敗。

 

単純にビニールといっても入れるもの目的によって、使い分けが必要。

 

この製品は、「食品の湯せん調理」には向いている。

すぐ食べるための調理に使う食品ポリ袋。

 

created by Rinker
ワタナベ工業
¥405 (2021/06/12 23:13:46時点 Amazon調べ-詳細)

 

浸透圧で水分や塩分、おそらく空気も通す。

漬物や、食品保存には。

適していないことがわかった。

 

そして、容器の選定、使い分けだけではなくて加工技術。

失敗した理由。

完全に、自分の知識、技術不足が原因。

 

野菜から浮いた「水分を捨てる作業」が必要だった。

 

素材に対して「規定の塩分」を入れれば食品保存ができる、と考えていた。

それを単純に実行。

 

漬物は、単に漬ければいいものだと勘違い。

素材に30%の「塩を入れて置いただけの状態」にしていたのが。

間違え、失敗の原因でした。

 

水分を抜くために「必要な要素が塩分」。

素材に対して保存に必要な塩分量を投入するだけではなく。

 

浮いてきた水分を捨てる作業が大事。

漬けっぱなしではダメだということ。

 

「だれでも起業できる 農産加工実践ガイド」は、農産物の加工を考えている、実践している人には、「車輪の再発明」。必読の本。

 

先人の教え、知恵は、遠回りしなくて済む「車輪の再発明」。

この本、「だれでも起業できる 農産加工実践ガイド」。

 

 

農産物の加工を考えている、実践しているなら必読の本。

読めばそれぞれ課題が見えてくる。

 

created by Rinker
農山漁村文化協会
¥2,200 (2021/06/12 20:03:43時点 Amazon調べ-詳細)

広告