スマホの文字入力が苦手。どうやったら「フリック入力」がうまくできるようになるのだろうか?

広告



スマホの文字入力、フリック入力が苦手。

 

スマホのフリック入力。どうやったらうまくできるようになるのだろうか?

 

パソコンのキーボードでなら。

話しているくらいの速度。

 

キーボードを見ないで文字が入力をする。

「タッチタイピング」、昔でいう「ブラインドタッチ」ができる。

 

この「ブラインドタッチ」ができるようになったのは。

昔、パソコン関連の部門、仕事をしていて。

当時は、仕事の効率化として。

身につける必要があった「ブラインドタッチ」。

 

キーボードをみないで文字を打つ練習は。

「あしたのジョー」のソフトで身につけた技術。

丹下段平に鍛えられた。

 

今になって、プログラミングの勉強や、実践に。

「ブラインドタッチ、タッチタイピング」が役立つとは思わなかったけど。

数十年前に会得した技術が今。

結果的に活用できている。

 

訓練なしで普通に使えるのはどういうことなのだろう?

 

自分は、練習、訓練をしたので。

パソコンの「タッチタイピング」ができるとしても。

 

初代アイフォンからのスマホユーザーなのに。

「フリック入力ができない」。

「苦手」だという問題。

 

若い人、スマホのネイティブユーザーというか。

携帯電話以降の人たち。

入力の練習は、していないはず。

 

普通に、フリックで文字を入力しているのは。

どういう原理なのだろうか?

 

機会があったらデジタルネイティブに。

どうやって会得したのか?

確認、聞いてみる。

 

フリック入力ができれば、仕事の効率化につながる。

 

せっかくスマホがあるのに。

イメージやメモなど。

紙に書いて残すほうがはやい。

 

書いた素材をスマホに取り込むという2度手間。

 

苦手を克服すれば仕事、作業の効率化。

無駄な時間の短縮、時短。

 

そして単純に。

うまくできないのが、ずっと悔しい。

広告