製菓、パンなど。主に粉を使う調理に使う基本の道具。貝印の「スクレッパー」。

広告



貝印の「スクレッパー」を買いました。

スイーツづくりの楽しさを広げる基本アイテム。

製菓、パンなどの調理。

主に粉をこねる作業。

混ぜたり、切り分けたりするときに補助的に使う基本の調理道具。

「カード」という名前かと思っていたのだけど。

「スクレッパー」が正式名称なのかな?

100円ショップに売ってそうで、売っていないこの「スクレッパー」。

探していたこの商品。

ちょっと大きなイオン。

ショッピングモールの製菓コーナーでみつけて購入しました。

カイジェルシェさんによると。

この「スクレッパー」は。

スイーツづくりの楽しさを広げる基本アイテム。

同じような商品を100円ショップ探したけど。

売ってそうで、売っていないこのアイテムが「スクレッパー」。

これはシリコン製の(名前がわからない)葉っぱみたいな形の道具。

フライパンで焼いた後に残った油や。

お皿に残った汚れなどを寄せて。

キッチンペーパーなどで拭き取ることによって。

できるだけ油、汚れを排水しない目的。

以前、なんとなく買った道具だったけど。

日常的に、活用できて便利。

それを最近。

数回「スクレッパー」の代用としても使っていた。

とりあえずは、コレで十分だったのだけど。

なんだか本物っぽい道具が欲しくなった。

ポリエチレン製で想像していたよりも、かたい。

生地をボウルやマット、シートからはがしやすい、切りやすいような。

「固さ」と「エッジ」の形状。

お店ではできないので。

購入したあと。

固さを確かめるために、軽く折り曲げてみたり。

家で、その感触を確かめている「スクレッパー」。

ポリエチレン製で。

耐熱温度は80℃。

食品乾燥機などは、使えないということです。

created by Rinker
貝印(Kai Corporation)
¥585 (2024/05/22 01:11:23時点 Amazon調べ-詳細)

広告



記事がよかったら。SNSのアイコンをポチッとお願いします。