東芝の石窯ドーム ER-SD3000-W。オーブンで「ローストビーフ」を作ってみました。

広告



オーブンで作った「ローストビーフ」。中がしっとり柔らかい。

オーブンで「ローストビーフ」を焼いてみました。

created by Rinker
TOSHIBA(東芝)
¥36,800 (2024/04/24 07:16:21時点 Amazon調べ-詳細)

180℃設定で30分程度。

使った肉は、オーストラリア産のモモ肉。

塩、コショウを強め。

オリーブオイルを塗って1日おいた。

1日おいたのは、単純な理由。

その日にオーブンを使いたくなかったから。

オーブンは、連続で使ったほうが。

予熱する分だけ、電気代が節約できるはず。

そういうわけで、この日に作ったのは。

「ローストビーフ」と。

甘くないお食事タルト。「セイボリータルト」の生地。

鶏ムネ肉の「ローストチキン」の、3種類。

期待していたのは、「キレイなロゼ色」。

「180℃設定で30分程度加熱」した「ローストビーフ」。

焼きあがった肉。

端を切ってみる。

期待していたのは、「キレイなロゼ色」でしたが。

焼け過ぎ。

食べてみると、ローストビーフというよりも。

ビーフジャーキー。

失敗したかと、中心部に向かって切り進むと。

だんだんよくなる。

肉は、均一な形をしていないので。

だから、火が入りやすいところと、そうでないところムラがある。

厚い部分は、ちょうどいい感じ。

やはり、茹でたり、フライパンで焼いたりするのと違って。

オーブンを使うと、加熱してもパサつかない。

肉汁が逃げないので。

しっとりしていて、柔らかい。

改善、改良点や、課題はあっても。

いちおう「ローストビーフ」。

できました。

「オーブン料理」は「手間いらず」で「面白い」。

created by Rinker
TOSHIBA(東芝)
¥36,800 (2024/04/24 07:16:21時点 Amazon調べ-詳細)

広告



記事がよかったら。SNSのアイコンをポチッとお願いします。