東芝の石窯ドーム ER-SD3000-W。オーブンを使って「セイボリータルト」。甘くないお食事タルトの生地を焼いてみた。

広告



オーブンで、甘くないお食事タルト「セイボリータルト」の生地を焼いてみた。

 

トースター、フライパンに続いて、今回は、オーブンで「セイボリータルト」生地を作る。

 

セイボリータルト。

甘くない生地を使った「お食事タルト」を作ってみようと、5年以上が経過。

 

バルミューダのトースターでセイボリータルトの生地を試作。

今回は成功か?フライパンでセイボリータルト風の生地を焼いてみた。

 

サクッと食べられるフィンガーフードとして。

自家栽培の野菜とマッチするのでは?

 

数年間、機会があるごとにこのタルト作りに挑戦。

最初は、魚焼きグリル、トースター、フライパン。

 

そして、数年来の待望。

本命の「オーブン」で焼いてみました。

 

created by Rinker
TOSHIBA(東芝)
¥46,893 (2021/09/22 01:01:13時点 Amazon調べ-詳細)

 

オーブンを使ったけど、仕上がりがイメージと違う。

 

 

数年前にどこからか入手したレシピ。

材料の配分、割合で生地を作った。

 

 

ボウルでこねて。

さっそく活躍。

100円ショップ「Seria」セリアの「製菓用マット」と、「木製のめん棒」。

 

 

生地をめん棒でのばして。

 

 

耐熱のガラス容器に。

のばした生地を貼り付ける。

 

 

フォークで穴をあけて。

200℃で予熱したオーブンに3〜4分の予定。

 

焼いてみると3〜4分では焼けず。

数分間、焼きを追加して。

10分程度オーブンにかけても。

イメージとは違う結果。

 

 

レシピ!かたくて、サクッとしてなくて香ばしくもない。

 

10分程度焼いても、焼き色もつかず。

食べた感じ。

かたくて、サクッとしてなくて香ばしくもない。

 

以前、フライパンで作った雰囲気と似ている。

ということは、使っていた調理器具。

オーブンがなかったからうまくいかなかったのではなくて。

材料の配分、レシピ。

 

もともと「セイボリータルト」。

食べたこともないし。

想像で作っているので。

レシピ、基本を間違えていた可能性が大きい。

 

そして、ヘルシーでサクッと食べられるフィンガーフード。

流行る!と思っていた「セイボリータルト」。

 

予想していたブームがまったく来る気配がないのはよかった。

だからこそ。

先行、先駆けになることができるかも。

次に作りたい、「タルトフランベ」も。

 

「オーブン3部作」。

 

人がやっていないことよりも。

オーブン、調理器具の使い勝手、慣れるために。

基本のピザ、ケーキのスポンジなどの生地。

一般受けしそうなものを、まずレシピ通りに作るテストも必要。

 

そういうわけで作った「オーブン3部作」。

 

セイボリータルト。

ローストビーフ。

ローストチキン。

 

 

created by Rinker
TOSHIBA(東芝)
¥46,893 (2021/09/22 01:01:13時点 Amazon調べ-詳細)

広告