最低気温が「0℃」に近いこの寒さの中。外、屋外でもなぜか枯れないトマト。枯れないどころか、成長している。

広告



屋外でもなぜか枯れないトマト。枯れないどころか、成長している。

 

別の。新しい栽培技術。もしかしたらあるのかもしれない。

 

屋外、外にあるマイクロトマト。

実はならない。

成ったとしても「赤くはならない」だろうけど。

トマトの花が咲いている。

 

 

この姿をみると。

施設栽培。

空間を仕切って「空気や、地面の温度を上げる方法ではない」別の栽培技術が。

もしかしたらあるのかもしれないと感じる。

 

畑に植えてあったトマトは、とっくに全部。

寒さ、霜で枯れています。

 

来週の最低気温。予報は、マイナス7℃!

 

夜間の気温、最低気温が「0℃」に近いこの寒さ。

来週からは。

また一段と寒さが厳しくなる予報。

 

 

来週、2020年12月16日(木)の最低気温は、マイナス7℃!

これは、水戸の予報なので。

ウチはそれよりも数℃低い、寒いはず。

 

トマトの露地栽培を数年間、試していて感じていること。

 

夏野菜のはずのトマトが。

夏には成長が止まって、収穫できない。

実は、トマトに限らず「夏野菜は」だとも思っている。

 

近年のピークの暑い時期。

トマトをはじめとする夏野菜は。

夏の暑さには耐えられない、環境適応していない。

露地栽培を数年間、試していて感じていること。

 

だから、来シーズン。

まずは、「トマトの栽培」は。

暑くなる前と涼しくなってから収穫できるように。

栽培する時期をずらす、変えてみる予定。

 

空間を仕切って「空気や、地面の温度を上げる方法ではない」別の栽培技術。

 

家の横の育苗スペース。

こぼれたトマトのタネから育ったマイクロトマト。

 

現在のようす。

 

 

屋外なのに。

枯れるどころか成長。

 

 

家の壁が、何かしらの保温効果をもたらしている。

作用しているのは、なんとなくわかるけど。

 

ビニールハウスなどでの施設栽培。

空間を仕切って「空気や、地面の温度を上げる方法ではない」別の栽培技術が。

もしかしたらあるのかもしれない。

広告