くくり罠でのイノシシ猟。2020年の狩猟シーズンが始まってから約4週間。結果は今のところゼロですが。

広告



くくり罠でのイノシシ猟。2020年の狩猟シーズンが始まってから約4週間。

 

どっちに向かって歩いているのか?

 

 

歩く方向の予想、イメージ。

ワナを踏ませるために細工をして。

実際で確信。

 

少しは、狩猟の技術が、進歩したかもしれない。

 

仕掛けたくくり罠。2ヶ所、2つともカスった。

 

「2020年の狩猟シーズン」。

11月15日に始まってから、約4週間が経過しました。

 

昨シーズンは、出猟せず。

今シーズン仕掛けた「くくりワナ」でのイノシシ猟。

結果は、今のところゼロ。

でも、狙いは、まあまあ当たっている。

 

実績ありの。

2年前に購入したくくりワナ。

 

 

動物がかかると。

ワイヤー、金具が損傷するので。

部品は、安全のために使い捨てる。

 

それぞれ違う個体、2頭を狙っている。

 

今シーズン、使えるワナが2個なので。

仕掛けたのは、2個で2ヶ所。

 

 

 

自分ではできない止め刺しは、応援をお願いすることになる。

だから、開けた場所。

 

障害物がなく、かなり安全性を考慮。

イノシシが来る時がある場所。

でも、通るルートとしては、可能性は低い。

 

1週間ほどして、設置場所を変更。

 

狩猟期間の前から、頻繁に出没していた獲物。

家の周囲に出没するウチの横を歩いているイノシシ。

想像ではわりと大きい個体。

 

近所の人の期待もあって。

本気で、捕獲、駆除を狙う。

1週間ほどしてから、設置場所を変更。

 

気持ちの変化。

狩猟、ワナをかけたら、やはり実績は必要、欲が出た。

 

現在は、家の裏山と。

メインの畑がある山。

おそらくそれぞれ「違う個体」の2頭を狙っている。

 

動物が通っているルートは外していない。

脚を着く、踏む位置は数センチの誤差。

設置した2ヶ所、2個ともカスった。

 

 

 

精度をどうやってあげていくか?は。

やはり経験が必要。

 

自分の手のひらより小さい15センチの円形。

そこを予想、予測して踏む位置。

ワナを設置する位置を決めるのだから。

そう簡単ではない。

 

でも進歩。

足跡を探って。

歩いている方向の見極めは、出来始めたかもしれない。

 

今は、「捕獲したくない」。

 

自分の狙いと、対外的にも。

狩猟、捕獲の実績は、気持ち的には欲しい。

 

でも、捕獲後の処理、解体作業など。

今は。

そこに時間を割きたくない。

獲ったら肉を取らずに、捨てることになる。

本心として、今は、捕獲したくない。

 

なお、移動させる前にワナを設置していた位置を。

動物が踏んだ形跡があるのは。

やはり、くやしい、面白い。

狩猟は、趣味の範疇。

 

広告