おそらくこれが今年一番のお気に入りのアルバム。チャーリーヘイデンとハンクジョーンズの「カム・サンデイ」。

広告



チャーリーヘイデンとハンクジョーンズの「カム・サンデイ」。

 

おそらくこれが今年一番のお気に入りのアルバム。

 

アルバムの「Come Sunday」。

 

アマゾンプライムのアマゾンミュージックでたまたま。

オススメに出ていたので、何気なく聞いてみた。

 

 

チャーリーヘイデンのベースと、ハンクジョーンズのピアノ。

アルバム「カム・サンデイ」。

 

優しくて、懐かしい音楽。教科書に出てくるような。

 

チャーリーヘイデンさんと、ハンクジョーンズさん。

二人ともジャズのミュージシャンで。

名前は聞いたことはあった。

 

ジャズは、セッション。

現代のバンドとは違って固定メンバーではないから。

他の人がメインのアルバムや曲で間接的に演奏は、聴いていたかもしれないけど。

深掘りするまでには至っていなかった。

 

聴きなれない人だと。

ジャズは難しくて、わかりにくい。

ちょっとうるさいかもしれない。

 

でも、このアルバム「Come Sunday」は、優しくて、懐かしい音楽。

 

ジャズミュージシャンが真面目に。

「きれいに演奏をするとこうなる」教科書のような音楽。

 

メロディーと伴奏をピアノとベースが交錯。

交互に違和感なく聴かせるのもいいし。

なぜか?外国の曲なのに懐かしい感じがする。

 

 

ランダムに無料で聴けるというのが。

現代のメリット。

音楽の視聴方法の一つ。

広告