真空パックにして常温保存しておいた「ユズ」に変化。ブヨブヨな感触、柔らかくなりました。

広告



真空パックにして常温保存しておいた「ユズ」が、柔らかくなりました。

 

ユズを真空パックにして、5日が経過。

 

5日前に、真空パックにしたユズ。

 

 

この時点では、パックに入った普通のユズ。

常温保存。

 

野菜を真空パックしたらどうなるのか?の本格的なテスト。

 

数日前から。

ユズの裏側、B面が変形、凹みはじめているような気がして。

でも、まだ実には「張り」があった。

 

5日経った様子は、明らか。

確実な変化。

 

圧力がかかった状態ということなのかな。

 

大気の気圧に対して、真空パック内のユズは。

空気の圧力がかかった状態。

重力の高いところで修行中のユズ。

 

空気の重さで耐えきれず。

袋の中で実が絞られているということなのか。

 

水分が出始めて。

しっとりしている。

 

 

これが。

 

 

こうなる。

 

 

「業務用の真空パック機」と、脱気シーラー「簡易的な真空パック機」とでは、違う結果。

 

なお、真空パックにして。

すぐに冷凍したものは、変形しておらずに。

そのままの形で凍っている。

 

今まで使っていた脱気シーラー。

簡易的な真空パックとは、異なる結果。

今までは、袋の中が膨れて「空気が入っていく」のに対して。

 

Crenova VS200S 真空シーラー。数日すると空気が入るのはなんで?

 

業務用真空パック機での包装は。

中の物質の「形態が変化」。

袋の中の空気量。

目視では、変わらないように見える。

 

とりあえずのテストとして。

空気を通すという「TLタイプ」のナイロンポリを使用しました。

 

 

created by Rinker
福助工業(Fukusuke Kogyo)
¥1,500 (2021/06/14 06:57:12時点 Amazon調べ-詳細)

 

やはり「業務用の真空パック機」は、簡易的な真空パック、「脱気シーラー」とは、まったく違う。

 

広告