貝印のかわいいサイズ「IH対応の鉄製ミニフライパン」を使って豚のロース肉を焼いてみた。

広告



貝印のかわいいサイズ「IH対応の鉄製ミニフライパン」で、豚のロース肉を焼いてみた。

 

ちょうどいいサイズ感。

 

先日入手した、貝印のかわいいサイズ。

「IH対応の鉄製ミニフライパン」をはじめて使う。

 

欲しくて悩んでいた、貝印のかわいいサイズ「IH対応の鉄製ミニフライパン」を買いました。

 

最初の料理は。

豚のローズ肉、肉を焼くことに決定。

 

 

このサイズの肉を焼くには。

「IH対応の鉄製ミニフライパン」では。

 

 

サイズが、小さすぎるかと思ったら。

豚のロース肉が2枚。

ちょうどピッタリのいいサイズ感。

 

 

一人暮らしの人に、オススメアイテム。

 

焼き方なのか、フライパンのおかげか?調理の考え方が、新しいものとなっている。

 

底の厚さは、2.0mm。

厚手の鉄製だからか?

それとも、肉の焼き方が上達したのか?

 

最近、ユーチューブの動画。

日本で最高レベルの一流料理人さんたちの料理動画を。

見漁っていて。

「パスタとお寿司」が似ているな。

 

今までいわれていた料理の常識。

調理の考え方が、新しいものとなっていると、感じている。

 

今回は、それを参考にして、肉を焼いてみた。

 

「少し焼けたらひっくり返す」を繰り返す。

 

焼く30分ほど前に、冷蔵庫から出しておいた肉。

フライパンには油をひかずに。

肉を立てて、油を焼いて。

「肉それ自体の油」で全体を焼く。

 

 

火加減は、強火ではなく。

「少し焼けたらひっくり返す」ことを繰り返して。

両面を少しずつ焼いた。

 

 

出来上がりは。

中も、柔らかく、しっとり。

これなら、下ごしらえとして低温調理は不要。

いい感じで仕上がりました。

広告