サツマイモの収穫終わりました。霜が降りてギリギリだったかも。里芋の収穫も開始。

広告



サツマイモの収穫が終わりました。

 

購入した100本のサツマイモ、ベニアズマの苗、収穫を終えました。

 

購入苗のベニアズマ。サツマイモの植え付けをしました。

 

試し掘りを始めてから。

秋の味覚の「サツマイモ」。試し掘りをしてみると。いい感じで、できていました。

 

 

少しずつ掘り進めて。

やっとサツマイモの収穫を終えました。

 

 

昨日、霜が降りて葉っぱが枯れ始めていたので。

収穫のリミットとしてはちょうどいい、ギリギリだったのかもしれない。

 

近所の人の話によると。

今年は、霜が降りるのが早いらしい。

 

この時期は、作業が集中することがわかった。

 

サツマイモのとなりで栽培している落花生。

落花生の葉っぱも霜にやられているので。

これも収穫しなくてはいけないし。

 

霜にあてるのは2回までというサトイモ。

これは一気に収穫を終わらせなくては。

 

そろそろ黄色くなった「ゆず」も採りに行かなくてはいけない。

 

ウチは、収穫したものを収納する十分なコンテナも持っておらず。

農業の資材、材料が不足。

金銭的な余裕があれば、少しずつ、買い揃えている。

 

今回、お店に行ったらタイミング悪く、売り切れ。

 

結果、サツマイモは、コンテナに3個くらいの収穫量でした。

 

サツマイモを栽培した結果。

100本の苗を植えて、コンテナに3個くらいの収穫量。

収穫量としては、少ないかもしれないけど。

大き過ぎない、ひとりで1回に食べきりサイズ。

サイズ感としては、いい感じ。

 

水分があると、カビる恐れ。

水で洗わず、土がついたままで乾燥させている。

この方が保存が効くらしい。

そして、新聞紙で個別に保温する必要もありそう。

 

ウチでは、寒さが厳しすぎるため。

サツマイモとしては、保管ができない。

 

ダメになる前に売りきるか。

保存できる姿に加工するか?

加工テストをする時間も必要だけど。

すぐに寒くなるので、そんなに猶予は無い。

 

とりあえず収穫ができたということで合格ということにしておく。

広告