小麦を育ててみようとタネを購入。品種は、グルテン量も多いパン用小麦、種苗登録品種の「ゆきちから」。

広告



小麦を育ててみようとタネを購入。

 

農林61号は全滅した。

 

数年前に育てた小麦は、農林61号。

せっかくもらったタネだったのだけど。

今はもうそのタネを持っていない。

 

記憶では確か。

多少の収穫ができた。

 

乾燥させるために穂の状態で。

軒下と、倉庫内に保管したのだけど。

その保管方法、場所に問題があって。

鳥と動物、虫にやられたために、全滅。

 

その後、小麦は栽培するのはやめていた。

理由はその失敗と。

使い道として、小麦の中でも、強力粉に近い品種が欲しかった。

グルテン質の多い品種が、みつからなかったから。

 

品種は、グルテン量も多いパン用小麦の「ゆきちから」。

 

今回購入したタネは「ゆきちから」。

 

 

購入した固定種の種。「野口種苗研究所』さん。

タネの説明によると。

 

種苗登録品種のため、本種の増殖は禁じられています。

 

この説明を読んで、数年間、勘違いをしていたのだけど。

 

調べてみると。

種苗登録品種は。

採ったタネを他に譲る、販売は不可だけど。

自家採種がいけないということではない。

 

増やして「自分で使うのは、問題がない」ということがわかった。

 

そういうことで「ゆきちから」。

育ててみることにする。

 

最悪でも足踏み式、脱穀用の機械が欲しい。

 

そして、麦を育てる一番の問題が、脱穀作業。

機械がないこと。

 

麦が育っても脱穀できずに、売らずに終わる。

作物を育てて捨てている。

この状況は抜け出したい。

 

現在でも、「足踏み式の脱穀機」が売っていることがわかったし。

たまに中古でハーベスタが売りに出るので。

来シーズンの収穫時期までには、なんとか。

最悪でも足踏み式。

機械を入手したい。

広告