「サツマイモ」と「青ユズ」を食品乾燥機で乾燥テストした結果。課題と新たな発見。

広告



「サツマイモ」と「青ユズ」を食品乾燥機で乾燥テストした結果。

 

「サツマイモ」と「青ユズ」を食品乾燥機「プチマレンギ」で乾燥テスト。

 

サツマイモは、食用の干しいも。青ユズは、アクセサリー用に。

 

 

課題と新たな発見、思いつき。

 

created by Rinker
東明テック(Tohmei Tech)
¥26,800 (2020/10/22 08:34:11時点 Amazon調べ-詳細)

 

「干しいも」のしっとり感は、なんなのだろうか?

 

 

低温調理器で下処理をしたサツマイモは。

乾燥させる意味があったのか?

食品乾燥機で乾燥させたので、当たり前だけど。

しっとり感がなくなった。

 

そして、乾燥させたことによる「甘みの増加」はなく。

輪切りの方はよけいに。

口の中で、パサつく。

だからサツマイモを乾燥させるには、縦切りがいいのかもしれない。

今回のテストで、干すことによる効果。

可能性は、保存性だけか。

 

でも普通の干しいもは、乾燥させている食品で。

しっとりしている。

あの「しっとり感」は、なんなのだろうか?

 

低温調理器でサツマイモを調理する方法も。

調べると様々な考え、情報があって。

糖化、ペクチンの硬化などの条件で。

実は、低温調理器でのサツマイモ調理は。

不向きなのかもしれない。

 

ウチの野菜の持ち味を生かした一次加工、下処理をして。温めればすぐに食べられる商品。

 

低温調理器で、下ゆでしたサツマイモ。

作ってみて、出来上がった感じでは。

イモは、柔らかくなっているし。

味も、そこまで悪くはない。

 

品種や、設定温度などの条件の違いがあるので。

ウチの野菜、サツマイモで調理の正解をみつけるのは。

結局、自分しかできない。

 

低温調理器で下処理をして、乾燥させたサツマイモ。

油で炒めてみると。

 

 

これもありです。

油で揚げる調理にもいいかもしれない。

 

ウチの野菜の「持ち味を生かした一次加工、下処理」をして。

温めてすぐに食べられる商品。

調理の手間を省く状態の商品にする。

 

この、業務用の真空パック器が、新たな武器。

 

 

 

ユズの乾燥に関しては。

後日。

広告