栽培が苦手な作物のエダマメ。収穫ができたので食べみたら、かなりおいしい。問題は、豆が小さいこと。

広告



栽培が苦手な作物、エダマメが育ったので、食べてみました。

 

食べる手が止まらない。

 

豆は食べ始めると止まらなくなる。

 

今まで栽培が苦手な作物ののひとつが枝豆。

今シーズンは、十分にサヤが膨らんでいます。

 

 

とりあえず試食をしてみた。

いちおう商品なので。

一本の株だけ。

 

この品種だからなのか?豆、サヤが小さい。

 

サヤは十分に膨らんで食べごろの株を選んで。

株ごと引っこ抜く。

 

この畑には土の力があるということなのか?

根っこには、根粒菌がほとんどついていない。

 

 

今回試食した株は、鹿沼土で育苗したものを。

ポットに移さず直接定植したもの。

徒長気味かなとは思っていた。

 

現在のこの畑は。

このエダマメは草に覆われてしまっているのが、栽培の反省点。

 

この畑に限らず。

全体的に、草の管理がうまくいかなかった。

今後は、草の管理を「刈る」ということとは別の方法で、テストする予定。

 

そんな草の中でも。

枝豆のサヤは膨らんで食べられる状態の枝豆。

 

かなりおいしいけど。サヤ、豆がちいさくて食べ応えがないのが問題点。

 

自家栽培の枝豆を。

数年ぶりに食べる。

 

沸かしたお湯に豆を入れて数分。

お湯から上げて塩をする。

 

茹でた直後よりも。

少し冷めたくらいで食べるのがオススメ。

 

 

かなりおいしくて食べる手が止まらず。

すぐになくなる。

 

この品種の特徴なのかな?

問題は、豆が小さいこと。

食べ応えがない。

 

でも、うまく育った、採れただけでも十分。

次のシーズンにつながる結果。

贅沢はいわない。

 

味の劣化を抑える、品質保持のための工夫。

 

そして、でもこの味は。

収穫してから時間が経過。

ご家庭で口にする時点で、もう味が落ちている。

輸送して、口にするまでに劣化する可能性。

 

畑で採れたてをすぐに調理して食べるのとは違って。

完全には無理だけど。

味の劣化を抑える。

品質保持のために工夫が必要だと思っていて。

 

ひとつの方法は、うちでブランチング、茹でて冷凍。

冷凍して販売する。

 

もうひとつは、鮮度保持袋を使ってみる。

 

 

透明なボードン袋などとは違って。

この鮮度保持袋は、薄い緑色のビニール。

店頭販売には、見た目的に不利かもしれない。

 

この袋をつかうと美味しさの保持、効果がどれほどなのか?

テスト中。

 

結果がよければ、今までよりも。

「美味しさが保持されたままのお届け」が可能になる。

広告