カップラーメンの空き容器に挿しておいた苗。発根するどころか、茎が溶けて失敗。

広告



カップラーメンの容器に挿しておいた苗が溶けた。

 

カップラーメンのの空き容器の再利用を思いついた。

 

カップラーメンの空き容器で苗を育てられるのでは?

 

この容器は、食品用の素材。

そして、保温効果がある。

 

作物の栽培に再利用。

何かに使える気がする。

 

まずはハーブを水に挿して発根させるテスト。

 

今までは、グラスに水を入れてのキッチンハーブ。

 

 

グラスの代わりにカップラーメンの空き容器。

苗をグラスからこの空き容器に移して数日が経過。

 

栽培管理としては。

1日に2回水を変える。

いつも通り。

 

外気温も、猛暑のピークからひと段落したところ。

 

生育が良くなったどころか。

茎が溶け始めた。

 

グラスと、カップラーメンの空き容器。

この差の現実。

 

原因を想像すると。

この時期には、一定の高い水温で保温されている苗は、腐敗する。

グラスは、気温の上下にともない水温も多少は上下する。

 

水温を測っていないので。

あくまで予想。

 

新しい苗を再度、グラスに挿した。

 

苗を増やすため。

新しい苗を再度、グラスに挿した。

 

 

今回の結果は。

失敗というよりも一時的なミス。

用途が違う。

 

この容器には、新しい可能性を感じる。

再利用ではなくても、使えることがわかれば。

新品を農業用品として入手することも考えている。

広告