畑での虫除け。新しい対策として。「手の甲まで天然ゴムの手袋」を使うことにした。

広告



畑での虫除け。新しい対策として。

虫には、手袋の上からでも、刺されることがわかったので。

今シーズンからテストしている畑作業時の虫よけ対策。

そのひとつが、手袋をしての作業。

もともとは、不快害虫。

蚊、ブヨ、アブ目的だったのだけど。

刈り払い機で畑の草刈りをしていたら今シーズン2回目。左の親指を、ハチに刺された。

だから、加えてハチの対策としても。

手袋をしての作業、虫よけ対策としては、まあまあの結果。

暑いこの時期の作業手袋には通気性が必要。

まず使っていた手袋はコレ。

背抜き。

そして、草刈り機や機械を使うときには。

振動低減の手袋。

コレも手の甲は、通気のために布繊維。

手袋をしての作業。

対策としては、まあまあの結果。

刺されにくくはなった、とはいえ。

通気のいい部分、手の甲が狙われる。

この程度の厚みでは。

虫のハリや、口は貫通することがわかった。

「手の甲まで天然ゴムの手袋」を使うことにした。

もう虫には刺されたくないので。

新しい作戦。

通気よりも虫よけを優先させる。

created by Rinker
ユニワールド
¥502 (2024/05/22 01:07:06時点 Amazon調べ-詳細)

とりあえず。

草刈り、機械を使うときは手袋を2枚するハメに。

この新しい手袋をしてから、振動低減の手袋。

「2重手袋作戦」を実行中。

広告



記事がよかったら。SNSのアイコンをポチッとお願いします。