「マンガでわかる財務3表超入門」読み終わりました。入門編の本としては、サラッと読めてわかりやすいです。

広告



「マンガでわかる財務3表超入門」読み終わりました。

 

created by Rinker
毎日新聞出版
¥1,650 (2020/09/25 15:07:47時点 Amazon調べ-詳細)

 

難しそうな財務諸表。入門編の本としては、サラッと読めてわかりやすいです。

 

この本の舞台は株式会社。

株式会社の設立、運営していく中で。

財務諸表とは何かを理解していく話。

 

「農業の経営」を考えると。

深い理解はできていなくても。

財務諸表の意味。

 

チラッと知識。

なんとなくでも頭に入れておいたほうがいいのかな。

そこで本を読んでみた。

 

 

created by Rinker
毎日新聞出版
¥1,650 (2020/09/25 15:07:47時点 Amazon調べ-詳細)

 

複式簿記ってそういうことなのか。

 

今まで、簿記の知識はゼロ。

簿記のイメージは。

「商業科へ進む女性が学ぶ資格」。

 

それを学ぶことになるとは。

想像していなかった。

 

聞いたことのある複式簿記と、単式簿記。

そして、BSとPL。

自分には、一度読んだだけでは、完全理解は無理。

 

会社の状態、状況を客観的に読み取れる共通言語。

 

この本は入門編。

マンガで描かれているので、サラッと。

あっという間に読み進めることができた。

途中の詳しい解説は文章だけど、難しいことは書いていないので読みやすい。

 

これらの諸表をみて。

第3者が会社の状況、状態を判断、見極めることができるということ。

だから、これは会社を客観的に読み取れる共通言語。

 

実際にこれらの財務諸表。

合同会社設立に向けて。

自分が使う、関わることになるのか?

これより更に勉強する必要があるのか?は。

まだわかっていない。

 

ひとまず、この本を読んで気が済んだので。

次は違う勉強。

この本を読み始めています。

 

 

created by Rinker
¥1,650 (2020/09/25 04:32:38時点 Amazon調べ-詳細)

 

created by Rinker
毎日新聞出版
¥1,650 (2020/09/25 15:07:47時点 Amazon調べ-詳細)

広告