島インゲンが、収穫、食べごろサイズ。収穫が始まりました。柔らかくて、トウモロコシのような甘みもあって美味しい。

広告



無肥料、自然栽培の島インゲン。収穫、食べごろサイズになりました。

 

 

島インゲン。

収穫が始まりました。

柔らかくて、トウモロコシのような甘みもあって美味しい。

収穫の初期は、このサイズ20センチ程度の大きさでも。

スジが気にならない。

おそらくない。

 

支柱を立てればかなり収穫できるのだけど。

支柱を立てていないので。

地面にはっている状態。

もったいない感じになっている。

 

予想通り。

インゲンは、栽培容易。

インゲン豆の栽培。ベランダなどでの家庭菜園にも向いているかもね。

 

育って収穫できたたとしても。

育てる土、場所、気候。

そして「栽培した人」によって、味の違いがあるはず。

 

インゲンの調理方法を間違えたかも。

 

採れたての、今季初収穫の島インゲン。

フライパンに油、塩。

強火で、炒めてみた。

焼き色、香ばしさをつけたくて。

 

 

でも、なんか少し違う。

せっかくの「インゲンの甘み」が引き立っていないので。

醤油をたす。

 

炒める、焼く場合でも。

最初に茹でておいたほうが。

さらに美味しい気がする。

 

まずは、「茹でインゲン」で味わうのが。

素材の味がはっきりわかる。

広告