浅いコンテナを買いました。除草した草を入れたり、挿し木、育苗に使ってみることにする。草を入れる用途では、便利でした。

広告



浅いコンテナを使ってみることにした。

 

挿し木、育苗にも便利かな。

 

 

浅型のコンテナを買いました。

 

高さが40センチくらいの。

普段使う、よく見る一般的な収穫物を入れるコンテナ。

 

丈夫で容量もあるのだけど。

草取りをする作業。

取った後の草を入れるには、作業性が悪い。

 

しゃがんだ状態で草を取り除いて。

コンテナに入れようとすると高さが邪魔。

一度手を持ち上げなければいけない。

 

そこで育苗箱を使っていたのだけど。

 

 

これは完全に容量不足。

すぐに取った草でいっぱいになってしまう。

 

今回買ったのは、高さが20センチほど。

除草した草を入れたり、挿し木。

そして、深さがあるので、枝豆などの大きめのタネ。

育苗に便利かなと思って。

 

まずは、草取りの容器として使ってみた。

 

草の入れ物とした使ってみた。

 

 

 

 

 

作業性は抜群。

イメージ通りで正解。

欲をいえば、もう少しタテヨコの寸法が大きい方がいい。

 

でも、コンテナに草がいっぱいになったくらいで。

すこし休憩、身体を伸ばして。

周りの状況を確認するくらいの仕事量。

ちょうどいいのかもしれない。

 

次のテストは、育苗。

直播するタイミングがないので。

枝豆、大豆のタネをここにまく予定。

広告