きゅうりのタネをまいてから約3週間。「新夏秋地這キュウリ」を畑に定植しました。。

広告



「新夏秋地這キュウリ」を畑に定植しました。

 

 

タネをまいてから、約3週間で畑に植え付けました。

 

キュウリのタネをまいたのが、5月19日。

 

 

鹿沼土にまいた「新夏秋地這キュウリ」のタネ。発芽率100パーセントでした。

 

 

発芽させたあと、この育苗箱からポットに苗を移植。

 

タネをまいてからトータル3週間程度で。

畑に植え付けました。

 

本葉2枚のキュウリの苗。

 

ホームセンターなどで売っている苗と違って。

ウチの苗はこんな感じ。

 

 

小さい(ちんこい)本葉2枚程度で畑に植え付けます。

 

でも、ポットから外して根っこを観てみると。

 

 

小さいように見えても。

じゅうぶん根っこが張っている。

もう外に出たがっている。

 

そういうわけで。

畑に定植。

キュウリの独り立ち。

 

 

畑に植えた苗は。

ちょっと寂しそうにもみえる。

 

そして、きゅうりを植えると必ず。

どこからか?

敵のウリハムシも、これからやってくる。

キュウリにウリハムシ。

 

それらに耐えて、立派なきゅうりになる。

1ヶ月後の7月中旬から採れる予定。

広告