夏野菜のトマトと唐辛子を畑に定植する作業はじめました。これから植えた後のメンテナンスが大変。

広告



夏野菜を畑に定植する作業はじめました。

 

本当なら。

約1ヶ月前に植えられる状態に苗を作れればいいのだけど。

ウチの場合は、その時期にタネをまいたので。

 

自家採種の激辛とうがらし。タネをまく。タネをまいただけなのに、刺激が半端ない。

 

 植えた後のメンテナンスが大変。

 

苗を早く植えられればいいとしても。

そのあとの管理が大変。

この時期にはすぐ草が生えるので。

それに負けないように草とり、草刈り。

 

畑によって、生えてくる草が違うので。

なるべく、作業の手間をかけなくてもいいように。

 

そして、それぞれの畑の特性によって。

育てる作物を選んで植えていく。

 

梅雨前に植えつけを終わらせたい。

 

まだ、ポットにさえ移植していない作物もたくさんある。

 

でも、もう植えられる状態の「苗を、畑に移植」しなくてはいけないし。

その前に「畑を、作物が植えられるように準備」しなければいけないし。

「植えたあとの作物を管理」をしなくてはいけないし。

 

そして、まったくお金にならず。

逆に燃料費がかかって赤字。

畑の周りの草刈りもやらなければいけない。

 

 

でも実は、畑の周りの草刈りは。

獣害対策と。

打算的、近所の人に、一応働いているアピールのためでもあるのですが。

 

やることが多すぎるこの時期。

作業を分散。

少しでも手間を省けるようにすることが、次のテーマ。

 

畑は、仕事場、作業中。

 

畑にいるときは、のんびりしているように見えるらしく。

世間話、話をしにくる人がいる。

 

地域の人との交流は必要だけど。

実は、かなり忙しい。

畑は、仕事場、作業中。

広告